no.
156
社会課題×映画
2021/7/16(金)
「きょうだい」を伝えるために映画を選んだ――プロデューサーと監督が語る「映画が伝える社会課題」(前編)
2021/7/16(金)
no.
156
社会課題×映画
2021/7/16(金)
「きょうだい」を伝えるために映画を選んだ――プロデューサーと監督が語る「映画が伝える社会課題」(前編)
2021/7/16(金)

社会課題を世の中に伝える手法の一つとして、映画やドキュメンタリー、TVニュースなどの「映像」がある。

 

特に映画はフィクションとして気軽に楽しめるコンテンツでありながら、作品のテーマや描き方を通じて、社会に問題提起できるという側面を持つ。
 

映画『ふたり〜あなたという光〜』は、精神障害の妹を持つ姉、つまり「きょうだい(※)」という社会課題の当事者を主人公にした映画だ。前編では、本作品のプロデューサーである三間瞳さんと、脚本・監督を担当した佐藤陽子さんに、きょうだいという存在が抱えがちな問題や、映画作品を通じて社会課題を伝えようと考えた経緯などについて話を聞いた。

 

※きょうだい:障害のある兄弟姉妹を持つ健常者

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2021/6/17のライブ勉強会「映画が伝える社会課題」で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

 

<三間 瞳さん>
映画プロデューサー/社会起業家。青森県出身。一橋大学卒業。BP&Co.株式会社 代表取締役。
自身の5歳下の実妹が統合失調症と診断された15歳の頃から、「障がい者」を取り巻く社会課題に関心を持つ。一方、自身もNY留学中にパニック障害になったことをきっかけに、障がい者本人も障がい者の家族も含めた全ての人が「情熱を解き放つ社会」を創ることを理念に掲げて活動している。初プロデュース作品である「きょうだい」を主役にした短編映画『ふたり〜あなたという光〜』は、制作費を募集するクラウドファンディングで531名の方に支援され、204%の600万以上を達成、各種メディアにも取り上げられるなど注目を浴びる。

<佐藤 陽子さん>
映画監督。2019年4月 ENBUゼミナール監督コース卒業。
女性×働くに興味があり、2013年~2017年まで働くママのロールモデルを紹介する勉強会を主催。より多くの方に情報を届けるために、映像制作という手法に切り替えることを思い立ち、2017 年から映像制作を学び始める。 興味のあるテーマはジェンダー、夫婦のパートナーシップ、女性×仕事など。

病気をきっかけに「きょうだい」の生きづらさに気づく

内閣府「令和元年版 障害者白書」によれば、日本にいる障害者は身体障害者436万人、知的障害者108万2000人、精神障害者419万3000人というデータが出ている。

 

障害者に関する問題は、障害者本人にフォーカスされることが多いが、その「きょうだい」もたくさんいて、彼ら特有の生きづらさや課題もあることは世の中にまだまだ知られていない。

 

三間さんは、精神障害(統合失調症)と知的障害がある5歳下の妹を持つ、きょうだいの当事者だ。10歳のときに統合失調症であると診断された妹が、症状の一つである幻聴・幻覚などが原因で急に暴れ出したりする様子を、日常的に見て育ってきたという。

 

「妹は家のなかだけでなく、外でも突然暴れてしまうことがよくあって。周囲の視線も痛くて、気づいたときには、私は人の顔色や言葉づかいなどにとても敏感な子どもになっていました。

 

妹につきっきりで大変そうな両親の姿を見ていたので、私は自分ひとりでがんばらなくてはいけない、困ったことが起きても親に相談してはだめなんだ、と思い込んでいました。

 

妹のことに関して悩んではいたのですが、それをどう言語化していいのかわかりませんでした。妹の存在や行動を、どう捉えていいかわからないところもあったと思います。

 

そういう環境で育ったこともあり、学生時代から『どうせわかってもらえない』という思いが強く、学校の友だちや先生など、周囲の人たちや社会への信頼感を持てずにいました」(三間さん)

 

(写真 三間瞳さん)

 

三間さんは大学進学後、留学先のニューヨークでパニック障害を発症する。カウンセリングを受け、そこではじめて、発症の大きな要因が、自身がきょうだいであったことによるものだと知った。幼いころから自分の感情に蓋をして無理をしながら生きてきたことに、ようやく気がついたのだという。

 

「世界にはもっと恵まれない人たちもいるし、障害のある妹がいることによる悩みというのは、ぜいたくなものなんじゃないかと思っていたんですね。なので、それまでは自分の境遇を特別視したり、嘆いたりすることはありませんでした。

 

でも自分が病気になったことで、きょうだいとして育ってきたなかで本当は戸惑いや悲しみを感じていたのだということ、これまでの人生で、そういった感情と向き合ってこなかったのだということに気づかされたんです。

 

世の中のきょうだいの人たちのなかには、自分よりももっとつらい経験をしている人もいるのかもしれないと考えるきっかけになりました」(三間さん)

社会の価値観を変えるために「映画」で伝えたい

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185