リディラバジャーナル
Display frame 25 min
構造化特集

子どもの自殺

構造化の視点:

年々減少している自殺者のなかで、唯一増え続けている10

・・・もっと見る

年々減少している自殺者のなかで、唯一増え続けている10代の自殺。学業不振や家庭内の問題などを理由に自殺してしまう子どもは毎年300人前後に上っています。本特集では子どもが自殺に至ってしまう要因を探りながら、それらが繰り返されてしまう構造について、学校や家庭、遺族などに取材し、浮き彫りにします。

People
自殺に傾く危険因子とは
People
残された遺族たちの悲痛
People
なぜ子どもの自殺は繰り返されるのか
People
安部コラム