リディラバジャーナルでは、40テーマ以上の社会課題の全体像を理解することができる「構造化特集」をお届けしています。

1テーマ4〜8本ほどの記事で、それぞれの社会問題の全体像や背景・関連性を解きほぐして整理することで、社会問題の裏にある社会システムの欠陥を明らかにします。


リディラバジャーナルでは、社会問題を見ていくとき「視点」「変数」「文脈」を意識しています。
「視点」=当事者、行政、支援団体など、どの立場から問題を見るか
「変数」=問題を構成する要因。何を動かせばどういった変化があるのか
「文脈」=歴史的経緯

例えば、ホームレス問題。ホームレス状態にある人、生活保護を支給する自治体、ホームレス状態にある人の支援をする団体……。それぞれの視点から見える「問題点」は異なります。

そもそもどうして人は、ホームレス状態に陥るのでしょうか。「家」や「職」「金銭」「人間関係」など、「これを欠くとホームレス状態になる可能性が高まる」という「変数」があります。

また、ホームレス問題を「路上の不法占拠問題」と捉えるか、「日雇い労働者の雇用問題」と見るか。「文脈」も時代や地域によって変わります。

こうした点を踏まえ、問題を多角的な視点で、重層的に理解できるような特集をお届けしていきます。

構造化

オンラインコミュニティ会員はこちら