• 新しいお知らせ
    ×
    • 前編公開!「小児性犯罪」加害者臨床の現場から

      「1人の加害者から複数の被害者が…。発覚しづらい子どもへの性加害——『小児性犯罪』加害者臨床の現場から(前編)」を公開しました。性的グルーミング、その巧妙な手口とは?被害が発覚しづらい3つの理由とは?そして「被害が次の被害を生んでしまう構造」とは?記事はこちらから

      2024/4/10(水)
構造化特集

児童養護施設

構造化の視点:

2019年、幼い児童の虐待死やそれに伴う児童相談所への

・・・もっと見る

2019年、幼い児童の虐待死やそれに伴う児童相談所への批判が大きなニュースとなった。しかし、保護された子どもの「その後」や、保護されなかった子どもが語られることは多くない。今回は虐待を受けた子どもが多く暮らす「児童養護施設」をテーマに、課題を構造化する。

児童養護施設の入所背景
児童養護施設にたどり着くまで
児童養護施設の内実
児童養護施設からの巣立ち
児童養護施設に入れなかった子どもたち
安部コラム