• 新しいお知らせ
    ×
    • 前編公開!「小児性犯罪」加害者臨床の現場から

      「1人の加害者から複数の被害者が…。発覚しづらい子どもへの性加害——『小児性犯罪』加害者臨床の現場から(前編)」を公開しました。性的グルーミング、その巧妙な手口とは?被害が発覚しづらい3つの理由とは?そして「被害が次の被害を生んでしまう構造」とは?記事はこちらから

      2024/4/10(水)
構造化特集

特別養子縁組

構造化の視点:

生みの親が子どもを育てられない時。子どもと子どもを育て

・・・もっと見る

生みの親が子どもを育てられない時。子どもと子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度がある。児童虐待や不妊など、様々な事象の結節点ともなる「特別養子縁組」。本特集では、公的機関と民間事業者の取組みの違いや、児童相談所の業務体制など制度を取り巻く構造を紐解く。

生みの親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
施設養護から家庭養護への転換
養子縁組の仲介役 行政機関・児童相談所と民間あっせん機関
養親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
安部コラム