リディラバジャーナル
Display frame 23 min
構造化特集

小児性犯罪

構造化の視点:

13歳未満の子どもに対する性加害行為を指す小児性犯罪。

・・・もっと見る

13歳未満の子どもに対する性加害行為を指す小児性犯罪。被害者数は年間約900件とされていますが、その暗数は十倍とも百倍とも言われています。しかし、なぜ子どもを狙う性犯罪が起こるのか。加害者は「モンスター」とも言うべき精神異常者なのか。取材を進めると、苦悩し、葛藤する加害者の姿が見えてきました。この問題の構造とは。

People
子どもに対する性的関心への“目覚め”
People
小児性犯罪、加害者側から見た実態
People
発覚しない子どもへの性被害
People
小児性犯罪者、加害者のその後
People
安部コラム