構造化特集

摂食障害

構造化の視点:

“普通に食べる”という行為がで

・・・もっと見る

“普通に食べる”という行為ができなくなってしまう摂食障害。単にやせたがっていると思われがちですが、摂食障害はこころの病気とされています。家族関係や対人関係、競争社会におけるストレスなどさまざまな問題が絡み合って生じる摂食障害の実態に迫ります。

摂食障害になる要因
摂食障害の実態
摂食障害の治療
安部コラム