no.
3
R-SIC
2020/3/10(火)
ひきこもり当事者が求める“支援”のあり方
2020/3/10(火)
no.
3
R-SIC
2020/3/10(火)
ひきこもり当事者が求める“支援”のあり方
2020/3/10(火)

2019年、カリタス小学校の生徒や保護者らが殺傷された川崎殺傷事件や、元農林水産省事務次官が長男を殺害した痛ましい事件が起きた。

 

これらの事件に関連づけて「ひきこもり」についてもメディアで取り上げられることになったが、そのとき当事者たちはどんなことを考えていたのか。また彼・彼女らはなぜひきこもるのか。どのような支援が求められているのか。

 

恩田夏絵さん(一般社団法人ひきこもりUX会議代表理事)をモデレーターに迎え、ひきこもり当事者であり、当事者活動を行う林恭子さん(一般社団法人ひきこもりUX会議代表理事)と、ぼそっと池井多さん(VOSOT(チームぼそっと)代表)、対話による精神療法「オープンダイアローグ」の普及啓発に努める精神科医であり、産業医、臨床心理士の大井 雄一さんにざっくばらんに語ってもらった。

 

※本記事は、リディラバが主催する社会課題カンファレンス R-SIC 2019のセッション「ニュースでは教えてくれない『引きこもり』の真因」を記事にした後編です。

向き合うのではなく、同じ未来をみる

 恩田 夏絵  前回、2019年に起きた痛ましい事件をもとに「ひきこもり=犯罪者予備軍」という社会の認識についてお話してきました。今回はひきこもりについての社会の認識をどうしていくのか、社会でどう向き合っていくのか。支援のあり方についてもお話していきたいと思います。
 
 林 恭子  私たち「ひきこもりUX会議」(UXは、Unique eXperience=固有の体験を意味する)では、不登校、ひきこもり、発達障がい、セクシュアル・マイノリティの当事者・経験者らで集まる場をつくったり、情報発信をしたりしています。
 
私が支援者の方に向けてお話をさせていただくときにいつもお伝えしているのですが、支援というと、どうしても「支援する側」と「される側」というかたちで向き合うことになってしまうんですよね。そこには上下関係が出てきてしまう。

 

 

ひきこもり当事者の人たちのなかには、せっかく相談窓口に行ったけれども十分に話を聞いてもらえなかったとか、説教をされたという声が多かったんですね。

 

それは向き合ってしまうからだと思うんです。

 

向き合うのではなくて、横に並んで同じ未来を見る。本人がどうなっていきたいか、どんな未来になるといいのか一緒に考えて、そのためのサポートをしていく支援であってほしいと思っています。
 
ご家族や親戚、地域の方には、対等な立場の人としてごくごく普通に接してほしいです。とても困難な状況にはあると思うので、やっぱりサポートをしてくれる人がいることは心強いことだと思います。
 
 恩田  支援者側にいる大井さんは、今の話を聞いてどう思われましたか。
 
 大井 雄一  私は支援者を代表しているわけではないですが、支援と呼ばれるものに携わる者としては、十分な支援というものを提供できていない現状はきちんと受け止めなければいけないと思っています。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
R-SIC
no.
1
no.
2
no.
3