• 新しいお知らせ
    ×
    • 「小児性犯罪」加害者臨床の現場から 後編を公開

      「加害・被害を防ぐには?“包括的性教育”が与える影響——『小児性犯罪』加害者臨床の現場から(後編)」を公開しました。「性の教科書はAVでした」と語る、ある少年事件の加害者。加害・被害を防ぐアプローチの一つである包括的性教育の重要性に迫ります。記事はこちらから。

      2024/4/16(火)
    • 前編公開!「小児性犯罪」加害者臨床の現場から

      「1人の加害者から複数の被害者が…。発覚しづらい子どもへの性加害——『小児性犯罪』加害者臨床の現場から(前編)」を公開しました。性的グルーミング、その巧妙な手口とは?被害が発覚しづらい3つの理由とは?そして「被害が次の被害を生んでしまう構造」とは?記事はこちらから

      2024/4/10(水)
公開日: 2023/7/27(木)

課題解決を加速させるために“構造化”する。リディラバジャーナル5周年インタビュー(中編)

公開日: 2023/7/27(木)
公開日: 2023/7/27(木)

課題解決を加速させるために“構造化”する。リディラバジャーナル5周年インタビュー(中編)

公開日: 2023/7/27(木)
オーディオブック(ベータ版)

2023年に5周年を迎えた、社会問題を構造化するメディア「リディラバジャーナル」。

 

今回は編集長の安部に、5年間の軌跡や構造化というコンセプトにこだわり続けてきた理由を聞きました。

 

立ち上げの経緯を振り返った前編に引き続き、中編では、リディラバジャーナルが設立時から掲げ続けているコンセプト「構造化」の意義に迫ります。

 

聞き手は、リディラバ ジャーナル編集部の井上です。

 

※本記事は23年6月6日に開催した「【リディラバジャーナル5周年/編集長インタビュー】赤字でも構造化をやりぬく。編集長・安部敏樹が語る『社会課題メディア』の未来」を編集してお届けしています。

 


「自己責任論からの脱却を」構造化が可視化するもの

井上

リディラバジャーナルでは、設立時から“構造化”をコアなコンセプトに置いています。

 

2018年の1月、最初の構造化特集として「【ホームレス】彼・彼女らが失い取り戻すもの」を公開しました。その後も、特別養子援組、ヘイトスピーチ、性風俗など40以上のテーマを構造化し、1000本を超える記事を出してきました。

 

これまで構造化にこだわり続けてきた理由はなんでしょうか。

 

安部 

前回、構造化は社会課題の全体像を伝えるために始めたとお話ししましたが、「脱自己責任論の議論をする」ためにも重要なんです

 

たとえば、いまはだいぶ減ってきたけれど「ホームレスの人って怠けているだけでしょ」と思う人がいるとする。

 

一方で、構造化により、ある人がホームレスになる背景を明らかにすると「怠けていたからホームレスになったわけでは決してない」という事実や、「もし社会が問題の構造にメスを入れていれば、この人はホームレスにならなかったかもしれない」「もしその立場に置かれたら自分もホームレスになっていたかもしれない」ということもわかる。

 


【ホームレス】彼・彼女らが失い、取り戻すもの 第6回「家族からもむしりとられる。ある障害者が家を失った話」より

 

つまり構造化することで、社会問題が当事者の自己責任だけで生じているものではないことがわかり、課題解決のためにどのようにアプローチすべきかが見えてきます

「社会として解決すべき」の合意形成の土台に。構造化の意義

安部

構造化の意義についてもう少し踏み込むと、構造化は外部不経済(※)の内部化にもつながると思っていて。

 

※外部不経済:ある企業や消費者の経済活動が、市場取引によらずに第三者に不利益・損害を与えること。例えば、公害問題などがある

 

井上
急にギアをあげてきましたね(笑)。詳しく聞かせてください。

 

安部

一般的に、経済的なインセンティブが機能する課題は、ビジネスプレイヤーが解決していくことが期待されます。

 

一方、経済的なインセンティブが機能しない課題は、社会の中で取り残されるようになります。この課題は社会問題の定義と非常に被るものが多く、民間事業者が課題解決に取り組むためには、経済的なインセンティブが必要になります。

 

たとえば医療や介護は、受益者の負担以外に国が税金や保険料を投入することで、経済的なインセンティブが回るようになっています。
 

井上

ホームレスの人たちへの支援についても、税金などで経済的なインセンティブを機能させるべき領域ですよね。

 

安部

そうですね。

 

機能させるためには、ホームレスの人たちが抱える課題は、その人の自己責任に帰結するものではなく、社会構造から生まれていることを可視化し、課題の解決は社会に意味があることをみんなで合意する必要があります。

 

構造化はそうした合意形成の土台であり、税金など経済的なインセンティブを機能させる必要性や意義を伝えるものとして、非常に重要だと思っています。

 


【ホームレス】彼・彼女らが失い、取り戻すもの 第1回「結婚できると思わなかった。ホームレスが失った『資産』とは」より

構造化することで、テクノロジーの介入の余地を示せる

安部

構造化にこだわる理由で言うと、テクノロジーの社会問題解決への活かし方を示せるという点もあります。

 

いま、社会問題解決の事業化の領域を拡大することが求められているときに、ここ10〜20年くらいのテクノロジーの進化を考えると、デジタル企業の社会問題への介入の余地は大きい。構造化は、その余地を示せるコンテンツでもあると考えています。

 

たとえば、デジタル企業が得意なことに「中抜き」がありますよね。Amazonはかつて複数の問屋が関与していた“流通”を1社でやってのけている。

 

中抜きは、事業領域の様々な構造を理解していないとできません。そこで構造が示されていたら、デジタル企業としてどのように入っていくべきか、自社のテクノロジーをどう活かすべきか分かると。


井上
なるほど。


安部

あとは、構造化を通じて社会課題解決のレバレッジポイント(※)を示すこともできます。投資家が入ってきやすくなり、資本効率も上げられるということも構造化の意義の一つです。

 

※レバレッジポイント:小さな力で大きく持続的な成果を生み出せるポイント

 

構造化するのは、問題の解決に向かっていくため

井上
構造化にこだわる理由をいくつかお聞きしてきましたが、解決に向けて構造を明らかにしていくところが共通していますね。
 

安部

そうですね。大事にしているのは、問題解決を一番の目的に据えて「本来はこうあるべきなのに(理想)、現状はそうなっていない(現実)」という視点で構造を伝えることです。そこから、解決に向けたリソースやアセットの最適な使い方の方向性が見えてきます。

 

テレビや新聞はメディアの性質上、構造的なコンテンツを作ることの難しさがあると思っています。テレビでは情報を伝えることの時間的な制約があり、新聞はコンテンツ作成における経済的な合理性が欠けてしまうことがある。

 

いまは、フリーライターの方などが社会問題への構造的な理解を持っていることが多いですが、取材して数年に1回新書を出版するだけでは、経済的に続けることが難しい現状もあります。

 

構造化をやり続けるには、記者に構造的な調査を行う能力や、時間的な余裕がいる。そのためには、構造化というフォーマットを好み、お金を払っていただく読者の存在が必要です。

 

リディラバジャーナルでは、構造的なコンテンツの提供を読者と約束し、記者が調査できる時間を確保して分析を深めています。

 

構造化を続けていられるのは読者の皆さんのおかげです。改めて、ありがとうございます。

 

 

【コラム:問題を構造化する力は、どうすれば養えるのか?】

 

安部

日々流れるニュースの中で気になった問題を、自分なりに構造化してみるのはいいかもしれません。

 

特に、同様の事象を報じたニュースが複数回流れたときは、その事象の背景に強固な構造が存在していることが多いです。

 

「当事者の困りごとが発生してしまう背景には、こうした構造があるからではないか」と仮説を立て、分析し、人と共有してみる。これを繰り返すことが、構造化の力を養う具体的な方法の一つです。

 

日々のニュースだけでなく、リディラバジャーナルの様々な社会問題の記事も対象にできるかと思います。ぜひ構造化特集を参考にしていただきながら、構造化の力を養う手段としても、リディラバジャーナルを活用いただけると嬉しいです。
 

 


 

後編「構造化はどのように問題解決に活きているのか。リディラバジャーナル5周年インタビュー」に続きます。

リディラバジャーナル編集部。「社会課題を、みんなのものに」をスローガンに、2018年からリディラバジャーナルを運営。
note
リディラバジャーナル編集部
noteのicon
動物の虐待摘発過去最多。「保護犬・保護猫」前進の裏で生まれる課題
2024年4月12日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
スクールカウンセラー約250人が雇い止め。子どもの心の健康を支える専門職なのに任期は1年?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2024年4月4日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
依存症の人に必要なのは「反省や刑罰」ではなく「治療と仲間」
2024年3月29日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「同性婚を認めないのは違憲」互いの違いを尊重できる成熟した社会へ
2024年3月18日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
能登半島地震、深刻なボランティア受け入れ態勢不足が課題
2024年3月8日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ!リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
学校の死亡事故の7割が国に未報告。求められる事故検証システム
2024年3月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「思いこみ」も背景に?女性管理職への道を阻むもの【なぜ少ない?学校教育現場の女性管理職】
2024年2月23日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。こちらの記事の最後には、全文無料で読める!「学校経営の新時代、女性管理職の可能性 ~ロールモデル・取り組み事例資料集~」もご紹介しています。ぜひご活用ください!

続きをみる
旭川いじめ事件から3年。再発防止が進まない訳は…
2024年2月16日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
DVから逃げられなくなる!?「共同親権」このまま進めて本当に大丈夫?
2024年2月2日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「被災地へボランティアに行くのは迷惑?」悩んでいる人にこそ読んでほしい!【3.11から学ぶ。構造化特集を全記事お届け!】
2024年1月12日

みなさん、こんにちは。リディラバジャーナルです。

1月1日、能登半島地震が発生しました。亡くなられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われたすべての方にお見舞い申し上げます。

続きをみる
市販薬を覚せい剤代わりにする若者たち。その背景には孤独孤立か?
2023年12月22日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
万引きを繰り返すのは手癖が悪いのか、それとも?「万引き依存症」をご存知ですか?
2023年12月15日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
大学進学は親の財力やきょうだいの数によって左右されていいのか?
2023年12月11日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
反ワクチン情報を流す医師がいるのはなぜ?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年12月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
病院の約半数、公立病院は98%が赤字。診療報酬の引き下げは医療レベルの引き下げに?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年11月24日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
構造化特集「地域医療」の内容を一部公開します
2023年6月9日

みなさんこんにちは、リディラバの鈴木です!今回は、リディラバジャーナルで公開中の構造化特集「地域医療」の冒頭をこちらのnoteでも公開します。何かあったら病院で治療が受けられる。私たちの「当たり前」を維持するために、様々な課題を抱えながら尽力する医療現場の姿を知ってもらえたら嬉しいです。


続きをみる
6月の構造化特集「地域医療」への思い
2023年6月9日

この投稿はリディラバジャーナル会員限定のFBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。

******みなさん、こんにちは!担当した構造化特集「地域医療 超高齢化社会に必要な『撤退戦』」が本日より公開となりました!今日は特集内には書いていない、特集に込めた思いをご紹介させてください。

続きをみる
子どもの発達障害、構造化マップを公開
2023年4月16日

※この投稿はリディラバジャーナルの会員限定FBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。*****みなさん、こんにちは!!!リディラバジャーナルの井上です。

今週はとても嬉しいことがあったので、ご報告させてくださいm(_ _)m

続きをみる
構造化。テーマは「子どもの発達障害」
2023年4月7日

この投稿はリディラバジャーナル会員限定のFBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。******みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルの井上です。

早くも4月ですね。あっという間に過ぎ去る日々に「!?!?」という感じですが、今日も今日とて、リディラバジャーナルのご案内です。

続きをみる
編集部メンバーの想いを公開しました
2023年3月26日

※この記事はリディラバジャーナルの会員限定Facebookグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。******皆さん、こんにちは〜!

編集部の井上です。今日は、

続きをみる
「無戸籍」当事者の声を聞いてほしい。
2023年3月26日

※この記事はリディラバジャーナルの会員限定Facebookグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。ーーーみなさん、こんにちは!リディラバジャーナル編集部の井上です。

2〜3月は3年ぶりの構造化特集の復活ということで、「無戸籍」をテーマに構造化特集をお届けしてきました。

続きをみる
×
CONTENTS
intro
リディラバジャーナル5周年インタビュー
no.
1
no.
2
no.
3