構造化特集

フードロス

構造化の視点:

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「フード

・・・もっと見る

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「フードロス」。日本では年間600万トンを超えます。ではなぜフードロスが発生するのか。どうしたらフードロスを再活用できるのか。フードロスの構造的実態を明らかにします。

生産→加工
加工→小売
小売→消費
消費
リユース・リサイクル
安部コラム