構造化特集

子どもの安全

構造化の視点:

子どもが被害者となる事件や事故は近年減少傾向にあります

・・・もっと見る

子どもが被害者となる事件や事故は近年減少傾向にあります。一方で、共働き世帯の増加や地域コミュニティの衰退といった社会構造の変化によって、新たな対策も求められています。いま子どもを取り巻く現場では何が起きているのか。家庭や地域、学校などの視点から子どもの安全を考えます。

「子どもの事故」が起きたとき
どこまでが学校の責任なのか
地域コミュニティから考える
保護者が担う安全対策
事件や事故を「未然防止」するために
安部コラム