no.
3
DV被害
2018/11/28(水)
逃げつづけても終わらないDV被害
2018/11/28(水)
no.
3
DV被害
2018/11/28(水)
逃げつづけても終わらないDV被害
2018/11/28(水)
構造化特集 : ドメスティック・バイオレンス
構造化の視点

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴

・・・もっと見る

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴力の原型」と指摘します。では、なぜDVは生じてしまうのか。なぜ壊れた関係性から逃れることができないのか――。DVが生じ、繰り返されていく構造に迫ります。

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴力の原型」と指摘します。では、なぜDVは生じてしまうのか。なぜ壊れた関係性から逃れることができないのか――。DVが生じ、繰り返されていく構造に迫ります。

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴力の原型」と指摘します。では、なぜDVは生じてしまうのか。なぜ壊れた関係性から逃れることができないのか――。DVが生じ、繰り返されていく構造に迫ります。


「シェルター(避難所)に逃げてからは昔の同級生とも一切連絡を取っていないから、私は死んだことになっているのかな。よく分からないんですけど……。今でも周りの人に名前や顔を覚えられないように気をつけてはいるのですが、住所がバレたら加害者がすぐに来れちゃう距離だから、やっぱり怖いなと思います」

 

こう語るのは、同棲していた男性から暴行を受けていたという春木佳菜子さん(30代、仮名)。

 

妊娠発覚後、春木さんは男性の暴力から逃れるためシェルターに逃げた。

 

春木さんのように、配偶者や恋人などから暴力をふるわれる「ドメスティック・バイオレンス(以下、DV)」に苦しんだ被害者は、加害者との関係性を断ったあともさまざまな困難に直面する。

 

(Shutterstock)

顔と名前を覚えられたくない…被害者の孤独

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : ドメスティック・バイオレンス
×
CONTENTS
intro
DV被害
no.
1
no.
2
no.
3
no.
4
DV加害
no.
5
no.
6
社会の認識
no.
7
安部コラム
no.
8