no.
4
DV被害
2018/11/29(木)
いじめ、引きこもり、自尊感情の低下…DVが子どもへ与える影響
2018/11/29(木)
no.
4
DV被害
2018/11/29(木)
いじめ、引きこもり、自尊感情の低下…DVが子どもへ与える影響
2018/11/29(木)
構造化特集 : ドメスティック・バイオレンス
構造化の視点

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴

・・・もっと見る

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴力の原型」と指摘します。では、なぜDVは生じてしまうのか。なぜ壊れた関係性から逃れることができないのか――。DVが生じ、繰り返されていく構造に迫ります。

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴力の原型」と指摘します。では、なぜDVは生じてしまうのか。なぜ壊れた関係性から逃れることができないのか――。DVが生じ、繰り返されていく構造に迫ります。

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴力の原型」と指摘します。では、なぜDVは生じてしまうのか。なぜ壊れた関係性から逃れることができないのか――。DVが生じ、繰り返されていく構造に迫ります。


配偶者や恋人など親密な関係にある人からふるわれる暴力「ドメスティック・バイオレンス(以下、DV)」は、パートナー間の問題だと考えられがちだ。

 

しかし、その被害は配偶者間にとどまらない。子どもに対する影響も深刻であり、トラウマや自尊感情の低下、暴力の世代間連鎖など、さまざまなかたちで子どもたちを苦しめることが分かっている。

 

また、2004年の児童虐待防止法の改正によって、「児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力」も児童虐待と定義づけられた。

 

つまり、子どもに直接暴力をふるうことだけではなく、子どもがいる家庭での夫婦間のDVそのものが虐待にあたるのだ。

 

では、DVは子どもにどのような影響を及ぼすのか。DV被害に遭った子どもたちにはどのような支援が必要なのか――。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : ドメスティック・バイオレンス
×
CONTENTS
intro
DV被害
no.
1
no.
2
no.
3
no.
4
DV加害
no.
5
no.
6
社会の認識
no.
7
安部コラム
no.
8