「暴力の再生産を防ぐ」DV加害者更生の可能性と課題 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
ドメスティック・バイオレンス:家庭に潜む暴力の構造
第六回

「暴力の再生産を防ぐ」DV加害者更生の可能性と課題

「全国からDV被害者の電話相談を受けていたのですが、夫から暴力をふるわれていてもすぐに逃げられる人は1割ほど。9割は経済的な理由とか子どもがいるからとか、仕返しが怖いといったことで逃げられず、ずっと我慢しています。そして、本当にぼろぼろの状態になってシェルターに駆け込む。そんな姿を見ていて、被害者を守っても限界があると感じ始めていたんです。本当の解決は、加害者に変わっていただくことではないか、と」

 

こう語るのは、ドメスティック・バイオレンス(以下、DV)被害者の支援および加害者更生プログラムを行う、栗原加代美さんだ。

 

ステップ理事長の栗原さん。15年間つづけたシェルターは建物の老朽化が原因で2015年に閉鎖した。

 

栗原さんは、NPO法人女性・人権支援センターステップ(以下、ステップ / 神奈川県横浜市)理事長として、DV被害者のための民間シェルター(避難所)を運営していたが、2011年から並行してDV加害者更生プログラムも開始した。

 

今回は栗原さんはじめ、DV加害者更生プログラムを運営する支援者たちの視点から、DV加害者更生の可能性と課題について考えていく。

きっかけは妻が姿をくらますこと

...

ドメスティック・バイオレンス
全8回
2-2.「暴力の再生産を防ぐ」DV加害者更生の可能性と課題