制度のはざまに陥る医療的ケア児と家族の困難 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
2
People
病院から地域へ
2018/10/24(水)
制度のはざまに陥る医療的ケア児と家族の困難
2018/10/24(水)
Display %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 0030 10 24 2.48.59
no.
2
People
病院から地域へ
2018/10/24(水)
制度のはざまに陥る医療的ケア児と家族の困難
2018/10/24(水)
構造化特集 : 医療的ケア児
構造化の視点
Icon triangle right

医療技術の進歩により、世界トップレベルで新生児死亡率が

・・・もっと見る

医療技術の進歩により、世界トップレベルで新生児死亡率が低下した日本。以前であれば亡くなってしまった子どもたちが生きられるようになりましたが、生命は救われても日常的に医療的ケアを必要とする子どもが増えています。彼・彼女らが地域で生活していくうえで、どのような支援が必要とされているのか明らかにします。

Display frame 14 min

医療技術の進歩により、世界トップレベルで新生児死亡率が低下した日本。以前であれば亡くなってしまった子どもたちが生きられるようになりましたが、生命は救われても日常的に医療的ケアを必要とする子どもが増えています。彼・彼女らが地域で生活していくうえで、どのような支援が必要とされているのか明らかにします。

医療技術の進歩により、世界トップレベルで新生児死亡率が低下した日本。以前であれば亡くなってしまった子どもたちが生きられるようになりましたが、生命は救われても日常的に医療的ケアを必要とする子どもが増えています。彼・彼女らが地域で生活していくうえで、どのような支援が必要とされているのか明らかにします。

Display frame 14 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「私を社会に戻してくれてありがとう」

 

これは認定NPO法人フローレンス(東京都千代田区)が運営する「障害児訪問保育アニー」をはじめて利用した母親の言葉だ。

 

母親は、子どもの1年半の在宅治療を経て復職のために保育園を探した。しかし、経管栄養のためのチューブをつけているという理由で受け入れを断られたという。

 

そうした中で全国初の医療的ケア児を含む、障害児向け訪問保育アニーの事業開始をSNSで見つけ、利用。その後、母親は復職することができた。

 


(Shutterstock)

医療的ケア児の子育てに必要な職場の理解

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : 医療的ケア児
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
当事者家族の思い
no.
1
Icon folder
People
病院から地域へ
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
学校現場
no.
4
Icon folder
People
社会の理解
no.
5
Icon folder
People
安部コラム
no.
6
Icon folder