• 新しいお知らせ
    ×
構造化特集
ヤングケアラー 第2回
公開日: 2023/5/12(金)

ヤングケアラー「見えないケア」が生み出す孤立

公開日: 2023/5/12(金)
構造化特集
ヤングケアラー 第2回
公開日: 2023/5/12(金)

ヤングケアラー「見えないケア」が生み出す孤立

公開日: 2023/5/12(金)
構造化の視点
・・・もっと見る

オーディオブック(ベータ版)

リディラバジャーナル構造化特集「ヤングケアラー」。
 
第2回となる本記事では、ヤングケアラーと家族を取り巻く困難(2章)として、ヤングケアラーが抱える困難に焦点を当てる。

 

 


 

「周りの大人たちからは、『お父ちゃんを助けたりや。私たちが子どものころは、親を手伝うのが当たり前やった。それと比べたらあんたはマシなんやで』とよく言われました。​​

 

父親を支えて当たり前。みんなやってたことやのに、弱音吐いたら落ちこぼれみたいで恥ずかしい。だから人に頼ると負けやと思ってた」

 

自らがヤングケアラーだった「こどもぴあ」副代表の居馬大祐さんは当時をそう振り返る。

 

中高生の約20人に1人がヤングケアラーの可能性があるといわれる。しかし、ヤングケアラーが抱える困難の多くは顕在化しておらず、周囲が気付けないことも多い。また、多くの子どもが他者への相談を躊躇しているという状況がある。

 

当事者はどのような困難を抱えているのか。なぜその困難は解消されづらいのか。課題解決を阻む社会的・心理的背景に迫る。

1クラスに1人以上。ヤングケアラーの実態

 

家族のケアを担う子ども、ヤングケアラー。

 

日本における正式な定義はまだないが、日本で先駆的にケアラー支援に取り組んできた日本ケアラー連盟は、「家族にケアを要する人がいる場合に、大人が担うようなケア責任を引き受け、家事や家族の世話、介護、感情面のサポートなどを行っている、18歳未満の子ども」をヤングケアラーとして定義している。
 

(出典:厚生労働省「ヤングケアラーに関する調査研究について 令和2年度 調査研究(報告) 」をもとに作成 ※通信制高校生について、本設問は 18 歳以下、19 歳以上の年齢別に聞いており、年齢の 設問に無回答であった1名は回答の対象外となっている。※通信制高校生は「18 歳以下」と「19 歳以上」の合計。19 歳以上は「いた(現在はお世話を していない)」、「現在まで継続してお世話をしている」が「いる」に含まれる

 

2020年に国が行った全国調査では、調査対象となった中学2年生の5.7%、高校2年生の4.1%が、世話をしている家族がいると回答した。定時制や通信制の高校では割合はさらに高く、8.5%、11.0%に上っている。家族のケアが必要な子どもたちが、全日制よりも定時制、通信制に集まりやすい状況が示唆されている。

 

(出典:厚生労働省「ヤングケアラーに関する調査研究について 令和2年度 調査研究(報告) 」をもとに作成 ※通信制高校生は「18 歳以下」と「19 歳以上」の合計)

 

世話の頻度については毎日が最も多く、平日1日あたり7時間以上を世話に費やす中高生もヤングケアラーのうち約10%以上いる。

 

(出典:厚生労働省「ヤングケアラーに関する調査研究について 令和2年度 調査研究(報告) 」、日本財団「ヤングケアラーと家族を支えるプログラム-数字で見るヤングケアラー」をもとに作成)

 

世話により、「宿題をする時間や勉強する時間が取れない」「睡眠が十分に取れない」「友人と遊ぶことができない」「自分の時間が取れない」ということに悩む中高生も多い。

 

約30年にわたり、母親と祖母のケアをしてきた川嵜大介さんは、一度も修学旅行に行ったことがないという。二人を残していくのが気がかりで、行けなかったのだ。高校は、ケアと両立しやすい定時制を選択した。
 

川嵜 大介(かわさき・だいすけ)
特定非営利活動法人 ふうせんの会運営メンバー。3歳で父が亡くなり、9歳の時から祖母、病弱だった母を継続して介護。アルバイトをして介護と離れる時間もあったが、母の死去までケアラーとしての生活が続く。以前から気にかけていてくれた近所の方との関わりで、同じ境遇の人たちが集まる「ふうせんの会」とつながり、参加。同じ境遇の子どもたちの力になりたいとふうせんの会の運営メンバーとして活動中。

 

「定時制であれば、夕方からなので拘束時間が短い。ケアをしながら通えると思いました。

 

そもそも、中学校にもあまり行けていなかったので、学力的にも全日制の高校に進学することは難しかったし、経済的な余裕もありませんでした。様々な点を考慮した上で、自分の進路を選択しました」

 

定時制高校に進学後は、ほぼ皆勤賞で出席を重ねた川嵜さんだったが、高校3年生の時、母親の病状が悪化。ケアのために、学校に行けないことが多くなった。川嵜さんの“異変”に気づき、励ましてくれたのは担任教師だった。

 

「母の体調が悪くなってからはすごく学校を休むようになって。その時に、当時の担任の先生が変化に気づいてくれて、事情を打ち明けることができました。

 

その後も休まざるを得ない日はあったのですが、その先生が手紙をくれて。母や祖母のケアについても配慮しつつ、『お前もできる範囲で学校においでや。待っとるぞ』と書いてありました。本当に嬉しかったです。

 

定時制の高校は、中退率が高い。僕のクラスでも、最終的に卒業した生徒は半分ほど。そんな中で僕が卒業できたのは、先生が自分のことを気にかけてくれていると思えたからでした」

「困っている様子が見えない」
可視化されない当事者の困難

 

川嵜さんは、ケアの困難が不登校という形で表出し、周囲が気づくことができた。

 

一方で、困りごとが表に出てこないケースもある。

 

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
リディラバジャーナル編集部。「社会課題を、みんなのものに」をスローガンに、2018年からリディラバジャーナルを運営。
note
リディラバジャーナル編集部
noteのicon
輪島・珠洲の断水解消も、水道は使えない。復興を左右するのは世間の関心の深さ
2024年5月31日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ!リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
少しずつ可視化されてきた「恋愛的にも性的にも惹かれない」人たち。アロマンティック・アセクシュアルとは?
2024年5月24日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
喜べない教員の給与増。残業が残業だと認められない給特法とは?
2024年5月17日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ!リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
勤務時間15分減で退職金ゼロ?非正規の人の労働条件を改善するための制度のはずが…
2024年5月14日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
性犯罪の被害者の約半数が子ども。わが子をグルーミングから守るには?【ニュースに潜む社会課題をキャッチ!】
2024年5月7日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
動物の虐待摘発過去最多。「保護犬・保護猫」前進の裏で生まれる課題
2024年4月12日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
スクールカウンセラー約250人が雇い止め。子どもの心の健康を支える専門職なのに任期は1年?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2024年4月4日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
依存症の人に必要なのは「反省や刑罰」ではなく「治療と仲間」
2024年3月29日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「同性婚を認めないのは違憲」互いの違いを尊重できる成熟した社会へ
2024年3月18日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
能登半島地震、深刻なボランティア受け入れ態勢不足が課題
2024年3月8日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ!リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
学校の死亡事故の7割が国に未報告。求められる事故検証システム
2024年3月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「思いこみ」も背景に?女性管理職への道を阻むもの【なぜ少ない?学校教育現場の女性管理職】
2024年2月23日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。こちらの記事の最後には、全文無料で読める!「学校経営の新時代、女性管理職の可能性 ~ロールモデル・取り組み事例資料集~」もご紹介しています。ぜひご活用ください!

続きをみる
旭川いじめ事件から3年。再発防止が進まない訳は…
2024年2月16日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
DVから逃げられなくなる!?「共同親権」このまま進めて本当に大丈夫?
2024年2月2日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「被災地へボランティアに行くのは迷惑?」悩んでいる人にこそ読んでほしい!【3.11から学ぶ。構造化特集を全記事お届け!】
2024年1月12日

みなさん、こんにちは。リディラバジャーナルです。

1月1日、能登半島地震が発生しました。亡くなられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われたすべての方にお見舞い申し上げます。

続きをみる
市販薬を覚せい剤代わりにする若者たち。その背景には孤独孤立か?
2023年12月22日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
万引きを繰り返すのは手癖が悪いのか、それとも?「万引き依存症」をご存知ですか?
2023年12月15日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
大学進学は親の財力やきょうだいの数によって左右されていいのか?
2023年12月11日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
反ワクチン情報を流す医師がいるのはなぜ?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年12月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
病院の約半数、公立病院は98%が赤字。診療報酬の引き下げは医療レベルの引き下げに?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年11月24日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
構造化特集「地域医療」の内容を一部公開します
2023年6月9日

みなさんこんにちは、リディラバの鈴木です!今回は、リディラバジャーナルで公開中の構造化特集「地域医療」の冒頭をこちらのnoteでも公開します。何かあったら病院で治療が受けられる。私たちの「当たり前」を維持するために、様々な課題を抱えながら尽力する医療現場の姿を知ってもらえたら嬉しいです。


続きをみる
6月の構造化特集「地域医療」への思い
2023年6月9日

この投稿はリディラバジャーナル会員限定のFBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。

******みなさん、こんにちは!担当した構造化特集「地域医療 超高齢化社会に必要な『撤退戦』」が本日より公開となりました!今日は特集内には書いていない、特集に込めた思いをご紹介させてください。

続きをみる
子どもの発達障害、構造化マップを公開
2023年4月16日

※この投稿はリディラバジャーナルの会員限定FBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。*****みなさん、こんにちは!!!リディラバジャーナルの井上です。

今週はとても嬉しいことがあったので、ご報告させてくださいm(_ _)m

続きをみる
構造化。テーマは「子どもの発達障害」
2023年4月7日

この投稿はリディラバジャーナル会員限定のFBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。******みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルの井上です。

早くも4月ですね。あっという間に過ぎ去る日々に「!?!?」という感じですが、今日も今日とて、リディラバジャーナルのご案内です。

続きをみる
編集部メンバーの想いを公開しました
2023年3月26日

※この記事はリディラバジャーナルの会員限定Facebookグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。******皆さん、こんにちは〜!

編集部の井上です。今日は、

続きをみる
×
CONTENTS
intro
日本における家族ケアの形
no.
1
ヤングケアラーと家族を取り巻く困難
no.
2
no.
3
支援の手が届かない構造
no.
4
no.
5
no.
6
目指すべき方向性
no.
7