リディラバ安部が考える「医療的ケア児」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
6
People
当事者家族の思い
2018/10/30(火)
リディラバ安部が考える「医療的ケア児」
2018/10/30(火)
Display %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 0030 10 27 21.05.12
no.
6
People
当事者家族の思い
2018/10/30(火)
リディラバ安部が考える「医療的ケア児」
2018/10/30(火)
構造化特集 : 医療的ケア児
構造化の視点
Icon triangle right

医療技術の進歩により、世界トップレベルで新生児死亡率が

・・・もっと見る

医療技術の進歩により、世界トップレベルで新生児死亡率が低下した日本。以前であれば亡くなってしまった子どもたちが生きられるようになりましたが、生命は救われても日常的に医療的ケアを必要とする子どもが増えています。彼・彼女らが地域で生活していくうえで、どのような支援が必要とされているのか明らかにします。

Display frame 14 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

こんにちは、リディラバジャーナル編集長の安部です。

 

今回お送りした「医療的ケア児〜生きのびた子どもたちのその後〜」はいかがでしたか。

 

医療的ケア児とは、日常生活においても人工呼吸器や胃ろう等を使用し、たんの吸引や経管栄養などの医療的ケアを必要とする子どもたちです。

 

医療技術の進歩や、周産期医療を提供する施設の増加などによって救命することができるようになった子どもたちなので、その支援体制の整備は比較的新しい社会課題です。

 

...

構造化特集 : 医療的ケア児
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
当事者家族の思い
no.
1
Icon folder
People
病院から地域へ
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
学校現場
no.
4
Icon folder
People
社会の理解
no.
5
Icon folder
People
安部コラム
no.
6
Icon folder