no.
2
DV被害
2018/11/27(火)
2度のDV被害に遭った女性の苦悩
2018/11/27(火)
no.
2
DV被害
2018/11/27(火)
2度のDV被害に遭った女性の苦悩
2018/11/27(火)
構造化特集 : ドメスティック・バイオレンス
構造化の視点

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴

・・・もっと見る

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴力の原型」と指摘します。では、なぜDVは生じてしまうのか。なぜ壊れた関係性から逃れることができないのか――。DVが生じ、繰り返されていく構造に迫ります。

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴力の原型」と指摘します。では、なぜDVは生じてしまうのか。なぜ壊れた関係性から逃れることができないのか――。DVが生じ、繰り返されていく構造に迫ります。

配偶者間の暴力とされるDV。専門家は「DVはあらゆる暴力の原型」と指摘します。では、なぜDVは生じてしまうのか。なぜ壊れた関係性から逃れることができないのか――。DVが生じ、繰り返されていく構造に迫ります。


2度の結婚生活で、2度のドメスティック・バイオレンス(以下、DV)被害に遭った倉本有美さん(44歳、仮名)。

 

元夫ととは10年間の結婚生活の末、DVが原因で離婚に至ったが、その後再婚した男性もまた暴力をふるう人だったーー。

 

そんな倉本さんは、どのようなDV被害に遭い、どのような苦悩に向き合ってきたのか。

子どもが生まれてからDVが悪化

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : ドメスティック・バイオレンス
×
CONTENTS
intro
DV被害
no.
1
no.
2
no.
3
no.
4
DV加害
no.
5
no.
6
社会の認識
no.
7
安部コラム
no.
8