異色のキャリアを持つ副市長から見た地方行政 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
R-SIC:副市長のリアル
最終回

異色のキャリアを持つ副市長から見た地方行政

地方行政の現場に、民間企業や国家機関などのキャリアを生かして「副市長」として働く人たちがいる。異色のキャリアを持つ彼らから見て、地方行政のリアルはどのように映っているのか。

 

 

数十年にもわたる京セラ勤務を経て2009年から2018年まで兵庫県豊岡市副市長を務めた長野県立大学グローバルマネジメント学部教授 真野毅さんと、リクルートでSUUMOの編集長も務めた大阪府四條畷(しじょうなわて)市現副市長の林有理さんが登壇。

 

財務省から茨城県つくば市の副市長に転じた毛塚幹人さんをモデレーターに、地方行政に携わって感じたリアルを語ってもらった。

 

※本記事はリディラバが主催するカンファレンスR-SICのセッションを記事にしたものです。

民間出身者たちが見た行政の課題

 毛塚幹人  お二人は公募で副市長になられたということですが、具体的にはどのようなプロセスを経たのでしょうか。副市長は市長が任命し、議会で過半数を得たら承認というのが一般的な流れですよね。

 

 真野毅  私は、全国公募で豊岡市の副市長になりました。YouTubeでも「副市長公募」という動画をアップしていたくらいの熱の入れようで、1300人以上の応募があったと聞いています。

 

そのなかから最終的に8人が選ばれ、最終面談では、市長以外にも民間人の方を含め外部の方などが選考員として参加していました。

 

...

R-SIC
全1回
1-1.異色のキャリアを持つ副市長から見た地方行政