障害者の恋愛を阻む「自信」「お金」「つながりの数」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
障害者の恋愛:「障害があるから無理」ってホント? 恋愛〜子育てのリアル
第一回

障害者の恋愛を阻む「自信」「お金」「つながりの数」

「障害者ってくくりでも、リア充もいればまったくモテない人もいるわけですよね。リア充からすれば障壁なんてなくて、恋愛は問題じゃないんですよ。でも、モテない障害者からしたら超重大な問題なわけです」


佐々木さん自身は、障害が恋愛の際に障壁になると感じたことはないと言います。

 

そう語るのは、障害や難病で「生きづらさ」を感じている人向けのウェブマガジン「Plus-handicap(プラス・ハンディキャップ)」の編集長・佐々木一成さん。自身も足に先天性の障害があり、義足を利用しています。

 

プラス・ハンディキャップでは、障害のある人の恋愛をテーマとした記事を紹介しているほか、佐々木さんはプライベートでも障害者から恋愛の悩みを聞くことがあるそうです。

 

「障害者」とひとくくりにする難しさを指摘した上で、「でも、障害者は普通の人と比べると、人生の重たい課題をひとつ多く背負っているのは事実ですよね」と言います。

 

千差万別の課題を背負う障害のある人々。当然ながら、恋愛においてすべての人に当てはまる障壁があるわけではありません。

 

しかし、取材をする中で、障害のある人の多くに共通する障壁が存在することもわかりました。

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

障害者の恋愛
全8回
1-1.障害者の恋愛を阻む「自信」「お金」「つながりの数」