「人生で初めての劣等感」乙武洋匡氏が直面した子育ての困難 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
障害者の恋愛:「障害があるから無理」ってホント? 恋愛〜子育てのリアル
第四回

「人生で初めての劣等感」乙武洋匡氏が直面した子育ての困難

「正直、人生で初めて劣等感というか、障害者として生まれたことを非常にしんどいなと。30年間思ったことなかったですけど、子どもが生まれて初めてそう思いましたね」

 

そう語るのは、『五体不満足』で知られる作家・乙武洋匡さん。

 

自身を「鼻持ちならないほど前向きな人間」と評する乙武さんがなぜ、子育てを通して「劣等感」を抱いたのでしょうか——。

 

乙武さんは、子どもの「物理的な世話」ができなかったことが理由と説明します。

 

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

リディラバジャーナルの他の特集
障害者の恋愛
全8回
3-1.「人生で初めての劣等感」乙武洋匡氏が直面した子育ての困難