「頑張れ」はNG。善意の声がけも時には刃に | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
2
People
患者を支える人
2018/6/26(火)
「頑張れ」はNG。善意の声がけも時には刃に
2018/6/26(火)
Display shutterstock 712711912
no.
2
People
患者を支える人
2018/6/26(火)
「頑張れ」はNG。善意の声がけも時には刃に
2018/6/26(火)
構造化特集 : がんの緩和ケア
構造化の視点
Icon triangle right

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡く

・・・もっと見る

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡くなる時代に、私たちはどのようにがんと向き合えばいいのか――。本特集では「緩和ケア」をテーマに、がん患者と周囲の人や社会との関係性に焦点を当てて考えます。がんに伴って生じる苦痛や孤独を和らげるために何が必要とされているのでしょうか。

Display frame 12 min

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡くなる時代に、私たちはどのようにがんと向き合えばいいのか――。本特集では「緩和ケア」をテーマに、がん患者と周囲の人や社会との関係性に焦点を当てて考えます。がんに伴って生じる苦痛や孤独を和らげるために何が必要とされているのでしょうか。

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡くなる時代に、私たちはどのようにがんと向き合えばいいのか――。本特集では「緩和ケア」をテーマに、がん患者と周囲の人や社会との関係性に焦点を当てて考えます。がんに伴って生じる苦痛や孤独を和らげるために何が必要とされているのでしょうか。

Display frame 12 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「一番苦しい時に、『頑張れよ、しっかりしろよ』『親より先に死ぬなんて親不孝だぞ』と言われたんです。そんなこと言われてもしょうがない、自分が悪いわけじゃないと思いました。僕を励まそうとしていたのかもしれませんが、結果的に僕を苦しめる言葉だった

 

こう語るのは写真家の幡野広志さん。


幡野さんは、2017年、34歳で血液がんの一種である多発性骨髄腫と診断された。

 

トークイベントで話をする幡野さん。


幡野さんをはじめ、今回の「がんの緩和ケア」特集の取材において聞かれた“安易な励まし”の代表例は、「頑張って」と「奇跡は起きるから」。

 

たとえ善意から発せられるものであったとしても、言葉は時に患者を深く傷つけることがある。

 

また、幡野さんが「がん」であることを公表すると、励ましの言葉だけではなく、親族や友人から、「がんが治る」という商品や療法を勧める連絡が数多くきたという。

 

「友達はかなり減ったかな。インチキ医療を勧めてくる人もいるので、やっぱり友達でいられなくなってしまった」と語る幡野さん。

 

最終的に携帯電話を解約し、電話番号を変更したという。

...
※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : がんの緩和ケア

オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
当事者と医療者
no.
1
Icon folder
People
患者を支える人
no.
2
Icon folder
People
社会との関係性
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
安部コラム
no.
5
Icon folder