no.
3
社会との関係性
2018/6/27(水)
納得いく生き方を選択するための「緩和ケア」
2018/6/27(水)
no.
3
社会との関係性
2018/6/27(水)
納得いく生き方を選択するための「緩和ケア」
2018/6/27(水)
構造化特集 : がんの緩和ケア
構造化の視点

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡く

・・・もっと見る

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡くなる時代に、私たちはどのようにがんと向き合えばいいのか――。本特集では「緩和ケア」をテーマに、がん患者と周囲の人や社会との関係性に焦点を当てて考えます。がんに伴って生じる苦痛や孤独を和らげるために何が必要とされているのでしょうか。

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡くなる時代に、私たちはどのようにがんと向き合えばいいのか――。本特集では「緩和ケア」をテーマに、がん患者と周囲の人や社会との関係性に焦点を当てて考えます。がんに伴って生じる苦痛や孤独を和らげるために何が必要とされているのでしょうか。

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡くなる時代に、私たちはどのようにがんと向き合えばいいのか――。本特集では「緩和ケア」をテーマに、がん患者と周囲の人や社会との関係性に焦点を当てて考えます。がんに伴って生じる苦痛や孤独を和らげるために何が必要とされているのでしょうか。


「もう寝たきりでご飯も食べられない状態で、『今から何をしたいですか』と尋ねても、『本当は仕事を最後までしたかった』、『家族と旅行に行きたかった』など『したかった』で終わってしまう。もっと前に緩和...

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : がんの緩和ケア
×
CONTENTS
intro
当事者と医療者
no.
1
患者を支える人
no.
2
社会との関係性
no.
3
no.
4
安部コラム
no.
5