2人に1人はがんになる時代。がん患者が生きやすい社会を | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
4
People
当事者と医療者
2018/6/28(木)
2人に1人はがんになる時代。がん患者が生きやすい社会を
2018/6/28(木)
Display img 0804 fotor
no.
4
People
当事者と医療者
2018/6/28(木)
2人に1人はがんになる時代。がん患者が生きやすい社会を
2018/6/28(木)
構造化特集 : がんの緩和ケア
構造化の視点
Icon triangle right

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡く

・・・もっと見る

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡くなる時代に、私たちはどのようにがんと向き合えばいいのか――。本特集では「緩和ケア」をテーマに、がん患者と周囲の人や社会との関係性に焦点を当てて考えます。がんに伴って生じる苦痛や孤独を和らげるために何が必要とされているのでしょうか。

Display frame 12 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「電車に乗っても、立っているのが息苦しくてしんどい時もあって。でも、そういう時に『席を替わってください』と言えないし、苦しすぎて声に出すことすらできないこともあります」

 

日常生活を送るうえでの、がんの苦しさを語る真旗慶子(まき・けいこ)さん。

 

女優やモデルとして活動する真旗さんは、2018年春、34歳で子宮頸がんと診断され、現在も治療を続けている。

 

「がんになってしまったものはきちんと受け止めて、がんという病気とどう付き合っていくのか、どう前に進んでいくかと前向きに考えています」と語る真旗さんですが、社会で生きていくなかで、ストレスを感じることもある。

 

真旗さんはがんだけではなく、20代から脳脊髄液減少症を発症し、病気と向き合ってきました。

...

構造化特集 : がんの緩和ケア
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
当事者と医療者
no.
1
Icon folder
People
患者を支える人
no.
2
Icon folder
People
社会との関係性
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
安部コラム
no.
5
Icon folder