no.
6
回復に向けて
2018/8/27(月)
ブログ、オフ会…新しい支え合いのかたち
2018/8/27(月)
no.
6
回復に向けて
2018/8/27(月)
ブログ、オフ会…新しい支え合いのかたち
2018/8/27(月)
構造化特集 : アルコール依存症
構造化の視点

一定量以上の飲酒を相当期間にわたって継続するなど、自分

・・・もっと見る

一定量以上の飲酒を相当期間にわたって継続するなど、自分ではコントロール不能になってしまう病気を指すアルコール依存症。アルコール依存症を理由に、家族や仕事を失う人も多く、社会構造上の大きな問題になっています。本特集では、アルコール依存症を生み出す社会の要因、当事者の誤解と否認、回復のための支援の3つの視点から「構造化」します。

一定量以上の飲酒を相当期間にわたって継続するなど、自分ではコントロール不能になってしまう病気を指すアルコール依存症。アルコール依存症を理由に、家族や仕事を失う人も多く、社会構造上の大きな問題になっています。本特集では、アルコール依存症を生み出す社会の要因、当事者の誤解と否認、回復のための支援の3つの視点から「構造化」します。

一定量以上の飲酒を相当期間にわたって継続するなど、自分ではコントロール不能になってしまう病気を指すアルコール依存症。アルコール依存症を理由に、家族や仕事を失う人も多く、社会構造上の大きな問題になっています。本特集では、アルコール依存症を生み出す社会の要因、当事者の誤解と否認、回復のための支援の3つの視点から「構造化」します。


「1994年度の約1万2000人をピークに、会員数は急激に減っています」

 

そう語るのは、公益財団法人全日本断酒連盟(以下全断連、東京都千代田区)の事務局長・大槻元さん。

 

大槻さんも、アルコール依存症からの回復者のひとりです。

 

全断連は、全国各地にあるアルコール依存症の当事者で構成する自助グループ「断酒会」を束ねる組織です。2017年度の会員数は7136人。直近10年だけでも、2500人以上減少しています。

 

参加する当事者の減少は、断酒会に限った話ではありません。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : アルコール依存症
×
CONTENTS
intro
アルコール依存症とは
no.
1
当事者の実態
no.
2
no.
3
回復に向けて
no.
4
no.
5
no.
6
no.
7
安部コラム
no.
8