“嫌韓”運動はどのようにして生まれたのか | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
ヘイトスピーチ:ネットに拡がる憎悪
第一回

“嫌韓”運動はどのようにして生まれたのか

インターネットユーザーの1パーセントほどとされるが、その存在の大きさを知らしめるようにインターネット上で排外主義的な主張を行う「ネット右翼」と呼ばれる人々――。

 

今回は、ヘイトスピーチを行う人々の考え方について知るために、「ネット右翼」が掲げるアジェンダや、主張の内実についてみていく。


※ネット右翼の確立された定義はなく、ネット右翼を自称する人の中にはヘイトスピーチを嫌う人々もいるが、今回は中でもヘイトスピーチを行う人々のことを取り上げる。

ヘイトスピーチのはじまり

デモ等でのヘイトスピーチは、在日韓国・朝鮮人に向けられたものが多いとされているが、こうしたヘイトスピーチの背景にある憎悪の感情が生まれたのはいつからなのか。

 

社会運動やネット右翼の研究を行う成蹊大学文学部の伊藤昌亮(いとう・まさあき)教授は、「嫌韓本と言われるような本が出版され始めたのは、90年代以降の現象」と話す。

 

...

ヘイトスピーチ
全6回
1-1.“嫌韓”運動はどのようにして生まれたのか