在特会会長が語る「ネット右翼」巻き込み戦略 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
ヘイトスピーチ:ネットに拡がる憎悪
第二回

在特会会長が語る「ネット右翼」巻き込み戦略

路上やインターネット上で排外主義的なヘイトスピーチを行う「在日特権を許さない市民の会」(以下、在特会)。

 

在特会の会員らは、2009年、朝鮮学校の周辺で「スパイの子ども」「日本から叩き出せ」などと拡声器で連呼し、授業を妨害。11年に京都地裁で威力業務妨害と侮辱の罪で有罪判決を受けた。

 

14年には、民事裁判で、その際のヘイトスピーチが人種差別と認定され、約1200万円の賠償と学校付近での街宣活動禁止を命じられた。

 

彼らは「ネット右翼」(あるいはネトウヨ)を自称し、終戦前から日本に居住していた在日韓国・朝鮮人とその子孫に対する特別永住権などを「在日特権」として批判。その廃止を目指して活動している。

 

今回、ヘイトスピーチを考えるに際して、ヘイトスピーチを行う人の認識や、ヘイトスピーチをする理由を知ることも重要だと考え、リディラバジャーナル編集長の安部が在特会の八木康洋会長(45)へインタビューを行った。


2014年から在特会の会長を務める八木会長。

インターネット時代に現れた在特会

...

リディラバジャーナルの他の特集
ヘイトスピーチ
全6回
2-1.在特会会長が語る「ネット右翼」巻き込み戦略