当事者と専門家が語る万引き依存症「反省させるのは逆効果」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
R-SIC:万引き依存症、当事者と専門家が語る実態
最終回

当事者と専門家が語る万引き依存症「反省させるのは逆効果」

被害総額1日13億円、年間5000億円、日本一発生件数の多い犯罪である万引き。

 

万引きが行われる原因はさまざまだが、一般的にイメージされやすい貧困によるものではなく、むしろ経済的には恵まれているにもかかわらず、万引きという行為そのものに耽溺する人たちがいる。

 

2018年に刊行された『万引き依存症』(イースト・プレス)の担当編集者であるフリー編集者の三浦ゆえさんがモデレーターを務め、これまで数多の万引き依存症の人たちの治療にあたってきた大森榎本クリニック精神保健福祉部長で精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳さんと、かつて万引き依存症だった女性のMさんが、その病の実態を語った。

 

※本記事は、リディラバが主催する社会課題カンファレンス R-SIC 2019のセッション「当事者が語る、万引き依存症の実態」を記事にした後編です( 前編 / 中編 )。

反省させるのは逆効果

 三浦ゆえ  前回、万引きに限らず、依存症の側面がある問題行動をやめるのに必要なのは我慢でなく、いかに意思の力に頼らないかという話がありました。

 

ただ社会からは、それこそ「もう絶対やりません」という言葉や涙ながらに反省する姿などが求められがちですよね。それはむしろ逆効果ということですか。

 

 斉藤章佳  逆効果だと思いますね。とくに執拗に反省させるのは、依存症で最も効果のない対応です。

 

 

子どものときに、親から「反省しなさい」と言われたことは誰でもあると思います。ですが、それで子どもが身につけるのは、内省を深めるスキルよりもその場を切り抜けるためのスキルだったりするんです。

 

反省というのは、その瞬間、瞬間で終わるものではなく、連続性のある作業、ずっと深めていくことですよね。依存症の治療のなかで反省をするという項目はありません。

 

反省するのではなく、なぜ再発に至ったのかのプロセスをしっかり洗い出して、どの辺りから悪循環のパターンに入っていったのかを分析する。そして次にまた繰り返さないように効果的な対処法をとっていくんです。

...

R-SIC
全3回
1-3.当事者と専門家が語る万引き依存症「反省させるのは逆効果」