介護する側・介護される側それぞれの葛藤 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
1
People
R-SIC
2019/11/22(金)
介護する側・介護される側それぞれの葛藤
2019/11/22(金)
Display collage fotor%e5%9c%a8%e5%ae%85%e4%bb%8b%e8%ad%b71
no.
1
People
R-SIC
2019/11/22(金)
介護する側・介護される側それぞれの葛藤
2019/11/22(金)
Icon open index

急速に少子高齢化が進む日本。高齢化が進行する中で避けて通れないのが介護の担い手不足だ。核家族化など家族の形態が変化してもなお、「介護は家族がするもの」という考えが根強い社会で、在宅介護に携わる人はどんな困難にぶつかるのか。

 

介護従事者と家族介護を経験した株式会社BLUE PLUSの代表・矢尾眞理子さんがモデレーターを務め、NPO法人となりのかいご代表の川内潤さん、学生時代から母親の介護に携わり、現在はYancle代表の宮崎成悟さん、障害者の訪問介護事業を行うと同時に介護を受ける側の当事者でもある吉田真一さんが、在宅介護の実情を語った。

 

※本記事はリディラバが主催するカンファレンスR-SICのセッション「20 代から考える「親の介護」 在宅介護の実情、知っていますか?を記事にしたものです。

介護の悩み相談をしない人が多数

 矢尾眞理子  はじめに、川内さんより介護が社会問題化してきた背景について共有いただければと思います。

 

 川内潤  私はもともと介護職に従事していましたが、今はいろんな企業と契約をして、そこに勤めている方に介護についてのセミナーをしたり、個別に従業員の方の介護相談にのったりしています。

 

株式会社BLUE PLUSの代表の矢尾さん(写真左)と、NPO法人となりのかいご代表の川内さん(写真右)。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
R-SIC
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder