「それでも依存症とは思わなかった」ある回復者の話 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
アルコール依存症:「否認の病」その実態
第二回

「それでも依存症とは思わなかった」ある回復者の話

「アル中」の呼び名とともに、誤ったイメージが社会に広まっているアルコール依存症。

 

徐々に進行していく病であり、症状が重くなるまでなかなか周囲の人間が認識しにくいという特徴があります。

 

今回は、そんなアルコール依存症からの回復者のエピソードを通じて、本人も気づきにくい病の実態について見ていきます。

孤独を癒し、慰めるために増えていった飲酒量

飲酒による問題に悩む当事者や家族の回復を支援する団体「全日本断酒連盟」(東京都千代田区)。

 

常任理事の松本和頼さんも、かつてはアルコール依存症でした。

 

49歳で酒をやめ、以後16年間口にしていないという松本さんですが、酒にまつわる様々なトラブルを起こしても「アルコール依存症ではないと思っていた」と当時を振り返ります。

 

...

アルコール依存症
全8回
2-1.「それでも依存症とは思わなかった」ある回復者の話