飲まない日々を積み重ねるために | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
7
People
回復に向けて
2018/8/28(火)
飲まない日々を積み重ねるために
2018/8/28(火)
Display %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 08 16 12.57.59
no.
7
People
回復に向けて
2018/8/28(火)
飲まない日々を積み重ねるために
2018/8/28(火)
構造化特集 : アルコール依存症
構造化の視点
Icon triangle right

一定量以上の飲酒を相当期間にわたって継続するなど、自分

・・・もっと見る

一定量以上の飲酒を相当期間にわたって継続するなど、自分ではコントロール不能になってしまう病気を指すアルコール依存症。アルコール依存症を理由に、家族や仕事を失う人も多く、社会構造上の大きな問題になっています。本特集では、アルコール依存症を生み出す社会の要因、当事者の誤解と否認、回復のための支援の3つの視点から「構造化」します。

Display frame 32 min

一定量以上の飲酒を相当期間にわたって継続するなど、自分ではコントロール不能になってしまう病気を指すアルコール依存症。アルコール依存症を理由に、家族や仕事を失う人も多く、社会構造上の大きな問題になっています。本特集では、アルコール依存症を生み出す社会の要因、当事者の誤解と否認、回復のための支援の3つの視点から「構造化」します。

一定量以上の飲酒を相当期間にわたって継続するなど、自分ではコントロール不能になってしまう病気を指すアルコール依存症。アルコール依存症を理由に、家族や仕事を失う人も多く、社会構造上の大きな問題になっています。本特集では、アルコール依存症を生み出す社会の要因、当事者の誤解と否認、回復のための支援の3つの視点から「構造化」します。

Display frame 32 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「今では酒を飲みたいとは思いませんが、もし何かの拍子に飲んでしまったら、100%元の通りの大酒飲みになりますね」

 

そう断言するのは、「酒をやめてhappyになろう!」というブログを運営するのみすけさん(ハンドルネーム)。約5年前に断酒するまで、日々アルコールを口にしていました。

 

今では酒なしの日々を謳歌していると語るのみすけさん。

 

いちどアルコール依存症になってしまうと、「お酒と上手に付き合う」という選択肢はなくなってしまいます。

 

長年断酒を続けていても、いったん飲んでしまえば自分の意思でとめることはできない病なので、「酒を生涯一切飲まない」という生き方をするしかありません。

 

のみすけさんは言います。

 

「軽いいたずらのつもりなんでしょうが、飲んでいたウーロン茶に焼酎を入れられて再飲酒(スリップ)した、なんて話も聞きますよ」

 

断酒に終わりはないのです。そして、周囲のアルコール依存症に対する理解がなければ、断酒を続けることはできません。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : アルコール依存症
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
アルコール依存症とは
no.
1
Icon folder
People
当事者の実態
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
回復に向けて
no.
4
Icon folder
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
no.
7
Icon folder
People
安部コラム
no.
8
Icon folder