美しさに犠牲はいらない?動物実験を問う | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
動物実験:科学と倫理の狭間で
第四回

美しさに犠牲はいらない?動物実験を問う

「動物も人と同じく痛みや苦痛、恐怖、ストレスなどを感じることがわかっています。私たちと同じ生物に対してそうした苦痛を味わせていいのか。人体実験が倫理的に認められていないのと同じく、やはり動物にも実験をしてはいけないのではないでしょうか」

 

動物実験の反対を訴えるNPO法人 動物実験の廃止を求める会の事務局長の和﨑聖子さんはそう主張する。

 

 

「動物は実験のために苦痛を与えられ、その多くが殺されてしまいます。これらは動物に対する暴力であり、虐待です。それが『科学』という名目のために動物実験という形で正当化されているんです」

 

果たして、動物実験は虐待と言えるのかーー。

動物福祉の範疇とは

動物実験をめぐる大きな論点となるのが、前回の記事で紹介した科学という側面と、倫理の側面だ。

 

倫理の側面では、動物実験の是非をめぐり、哲学者も含めた議論が行われている。動物実験の廃止を訴える団体の主張の背景にあるのは、なぜ人体実験は認められていないにもかかわらず、動物実験は認められるのかという「種差別」の考えがある。

 

...

動物実験
全5回
2-2.美しさに犠牲はいらない?動物実験を問う