no.
5
安部コラム
2018/10/3(水)
リディラバ安部が考える「動物実験」
2018/10/3(水)
no.
5
安部コラム
2018/10/3(水)
リディラバ安部が考える「動物実験」
2018/10/3(水)
構造化特集 : 動物実験
構造化の視点

人間の安全や健康のために、さまざまな動物が苦痛を伴う被

・・・もっと見る

人間の安全や健康のために、さまざまな動物が苦痛を伴う被検体にされ、安楽死させられています。しかし、欧米などでは動物実験の廃止を訴える活動が活発化。廃止を求める声と、必要悪を訴える声とがぶつかりあっています。倫理か科学か――。それら2つの視点から、動物実験における問題を「構造化」します。

人間の安全や健康のために、さまざまな動物が苦痛を伴う被検体にされ、安楽死させられています。しかし、欧米などでは動物実験の廃止を訴える活動が活発化。廃止を求める声と、必要悪を訴える声とがぶつかりあっています。倫理か科学か――。それら2つの視点から、動物実験における問題を「構造化」します。

人間の安全や健康のために、さまざまな動物が苦痛を伴う被検体にされ、安楽死させられています。しかし、欧米などでは動物実験の廃止を訴える活動が活発化。廃止を求める声と、必要悪を訴える声とがぶつかりあっています。倫理か科学か――。それら2つの視点から、動物実験における問題を「構造化」します。


リディラバジャーナル編集長の安部です。

 

今回の特集は「動物実験 〜科学と倫理の狭間で〜」でした。

 

Shutterstock

 

人と動物との関係をめぐるトピックは、ペット問題をはじめとして多岐にわたります。なかでも動物実験は実態がわかりづらく、報道されるケースも少ない。ですが、私たちの生活との関わりは深く、動物実験があることで人の健康や安全が保たれている側面もある。そうしたことから、今回の特集テーマとしました。

動物実験の当事者として

実は私は、以前に研究者として動物実験に関わった経験があり、このテーマの当事者でもありました。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 動物実験
×
CONTENTS
intro
動物実験は「残酷」なのか
no.
1
no.
2
倫理と科学から考える動物実験
no.
3
no.
4
安部コラム
no.
5