no.
1
社会問題として考える女性のひきこもり
2018/11/14(水)
他の社会問題に連鎖する「ひきこもり問題」
2018/11/14(水)
no.
1
社会問題として考える女性のひきこもり
2018/11/14(水)
他の社会問題に連鎖する「ひきこもり問題」
2018/11/14(水)
構造化特集 : 女性のひきこもり
構造化の視点

専業主婦や家事手伝いといったいわば“肩書き

・・・もっと見る

専業主婦や家事手伝いといったいわば“肩書き”があるひきこもり状態の人びとは、ひきこもりとしてカウントされないという実態があります。「女性のひきこもり」を取り巻く、夫の転勤に伴うコミュニティとの断絶、性的虐待の影響などの課題を紐解きます。

専業主婦や家事手伝いといったいわば“肩書き”があるひきこもり状態の人びとは、ひきこもりとしてカウントされないという実態があります。「女性のひきこもり」を取り巻く、夫の転勤に伴うコミュニティとの断絶、性的虐待の影響などの課題を紐解きます。

専業主婦や家事手伝いといったいわば“肩書き”があるひきこもり状態の人びとは、ひきこもりとしてカウントされないという実態があります。「女性のひきこもり」を取り巻く、夫の転勤に伴うコミュニティとの断絶、性的虐待の影響などの課題を紐解きます。


そもそも、ひきこもりの何が問題なのか。

 

21年にわたりひきこもり問題を取材してきたジャーナリスト・池上正樹さんは「家にいること自体が問題なのではありません。生きていこうというエネルギーがなくなり、どうしていいかわからなくなっていることが問題なのです」と指摘する。

 

女性のひきこもりに焦点を当てた貴重な一冊『ひきこもる女性たち』(KKベストセラーズ)を著した池上さん。

 

女性に限らず、こうした状態の人々が多数いること自体ゆゆしき問題だ。

 

では今、社会問題として「女性のひきこもり」に焦点をあてるべき理由は何なのか。今回はその点について考える。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 女性のひきこもり
×
CONTENTS
intro
社会問題として考える女性のひきこもり
no.
1
女性のひきこもりの背景にあるもの
no.
2
no.
3
ひきこもる女性への支援
no.
4
安部コラム
no.
5