no.
6
施設養護から家庭養護への転換
2018/2/26(月)
子どもの引き渡し、児童相談所がためらうわけ
2018/2/26(月)
no.
6
施設養護から家庭養護への転換
2018/2/26(月)
子どもの引き渡し、児童相談所がためらうわけ
2018/2/26(月)
構造化特集 : 特別養子縁組
構造化の視点

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方

・・・もっと見る

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。


委託先を探す子どもが養親希望者(養子を家族として迎えたい親)の期待に添わないかもしれない――。

 

生みの母親の薬物の使用や性感染症、栄養不良などの影響を受けた子どもたち。

 

そして、 長い不妊治療を経て、子どもに期待を抱く養親希望の夫婦。

 

その両者を見てきた児童相談所の職員は生みの親が育てられない子どもの委託先(暮らしていく場所)を判断する際に、高い期待を持つ養親希望者に子どもを預けても良いものなのか悩む。

 

もちろん、こうした事例はすべての生みの親や養親に当てはまるわけではない。

 

しかし、児童相談所が新生児の特別養子縁組に積極的になれなかった背景には、子どもを養親に委託した後に、子どもの発達に遅れが生じた場合、子どもが養親の希望に添わず施設に戻されることもあり、子どもが心に傷を負うのではないかという恐れがあった。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 特別養子縁組
×
CONTENTS
intro
生みの親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
no.
1
no.
2
no.
3
no.
4
施設養護から家庭養護への転換
no.
5
no.
6
no.
7
養子縁組の仲介役 行政機関・児童相談所と民間あっせん機関
no.
8
no.
9
no.
10
養親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
no.
11
no.
12
no.
13
no.
14
安部コラム
no.
15