新しい家族観と、求められる社会制度の「設計者・調整役」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
15
People
安部コラム
2018/3/9(金)
新しい家族観と、求められる社会制度の「設計者・調整役」
2018/3/9(金)
Display https   www.pakutaso.com shared img thumb c854 akacyan
no.
15
People
安部コラム
2018/3/9(金)
新しい家族観と、求められる社会制度の「設計者・調整役」
2018/3/9(金)
構造化特集 : 特別養子縁組
構造化の視点
Icon triangle right

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方

・・・もっと見る

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。

Display frame 9 min

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。

Display frame 9 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Content icon open article index

特集「特別養子縁組を通して考える家族と社会のかたち」、いかがでしたか。

 

リディラバジャーナル編集長の安部です。

 

不妊治療で精神的に傷ついた状態で、特別養子縁組の検討をスタートする養親の希望者。

特別養子縁組あっせんよりも先に、福祉的なサポートが必要な生みの母親やその家族。

あっせん費用ひとつとっても0~200万円で幅がある価格設定。

官民入り交じった多様な仲介プレイヤー。

日本国内で養親にめぐり会えず、海外に渡っていく赤ちゃん。

施設養護から家庭養護への移行期ゆえの葛藤。

 

まだ言葉も発せない赤ちゃんの未来を決める制度。

誰が彼らの代弁者として子どもの幸せを考えていけるのでしょうか。

 

生みの親や、養親、養子縁組の仲介をする各プレイヤーなど、誰もがいちばんの当事者である「子ども」の代弁者になりきれない。そうした難しさを取材を通して実感しました。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : 特別養子縁組
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
生みの親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
施設養護から家庭養護への転換
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
no.
7
Icon folder
People
養子縁組の仲介役 行政機関・児童相談所と民間あっせん機関
no.
8
Icon folder
no.
9
Icon folder
no.
10
Icon folder
People
養親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
no.
11
Icon folder
no.
12
Icon folder
no.
13
Icon folder
no.
14
Icon folder
People
安部コラム
no.
15
Icon folder