no.
3
摂食障害の実態
2018/8/6(月)
「食べるのをやめられない」コントロールできない心と身体
2018/8/6(月)
no.
3
摂食障害の実態
2018/8/6(月)
「食べるのをやめられない」コントロールできない心と身体
2018/8/6(月)
構造化特集 : 摂食障害
構造化の視点

“普通に食べる”という行為がで

・・・もっと見る

“普通に食べる”という行為ができなくなってしまう摂食障害。単にやせたがっていると思われがちですが、摂食障害はこころの病気とされています。家族関係や対人関係、競争社会におけるストレスなどさまざまな問題が絡み合って生じる摂食障害の実態に迫ります。

“普通に食べる”という行為ができなくなってしまう摂食障害。単にやせたがっていると思われがちですが、摂食障害はこころの病気とされています。家族関係や対人関係、競争社会におけるストレスなどさまざまな問題が絡み合って生じる摂食障害の実態に迫ります。

“普通に食べる”という行為ができなくなってしまう摂食障害。単にやせたがっていると思われがちですが、摂食障害はこころの病気とされています。家族関係や対人関係、競争社会におけるストレスなどさまざまな問題が絡み合って生じる摂食障害の実態に迫ります。


「拒食や過食に振り回されて、友人とごはんにいけないことがたくさんありました。食べ始めると止まらなくて、予定をドタキャンせざるをえない日々だったんです。摂食障害が悪化したときには通っていた大学院を中退することも会社を休職することも本気で考えました」

 

金子浩子さんは大学時代から9年近く摂食障害に悩まされています。

 

症状がひどいときには、友人との約束があっても食べるのをやめられなくなるほどに、行動をコントロールできなくなることがありました。

 

金子さんは食育イベントや、摂食障害について考えてもらうイベントを開催しています。

「笑うことを忘れていた」拒食症時代

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 摂食障害
×
CONTENTS
intro
摂食障害になる要因
no.
1
no.
2
摂食障害の実態
no.
3
no.
4
摂食障害の治療
no.
5
no.
6
no.
7
安部コラム
no.
8