「太りたくない」摂食障害治療が困難なわけ | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
摂食障害:「やせたい」に潜む心の病
第六回

「太りたくない」摂食障害治療が困難なわけ

「先生、私はよくなってきていますか?」

 

大学時代から9年間ほど、摂食障害と向き合ってきた金子浩子さんは「主治医の先生に何百回も同じ質問を繰り返してきた」と話します。

 

大学2年生のときにダイエットがきっかけで摂食障害になった金子さん。


摂食障害は心の病気であり、目に見えて回復が分かるわけではありません。

 

その病気を客観的にみて、受け止めてくれる専門家の存在は、金子さんにとって大きな支えとなっていました。

 

「まだ治療法が確立しているわけではありませんが、心療内科医や精神科医など、病気に理解があり、話を聞いてくれる専門家に頼ることもできると知ってもらいたいです。そのためにも治療の意義を広めていく必要がありますし、摂食障害患者の受け皿がもっと必要です」

心と身体、両面からのアプローチが必要

摂食障害はダイエットがきっかけになることが多いですが、ストレスや不安、自己肯定感の低さなどに起因する心の病気です

 

極端に体重が減っても十分に食べることができない「拒食症」と、過度に食べすぎてしまう「過食症」に大別されます。拒食症と過食症を繰り返すケースや、過食症でも体重増加を防ぐために嘔吐したり、下剤を大量に使用したりするケースが多くあります。

 

低栄養による無月経や骨粗しょう症、他の依存症との併発、ときには死につながることもあるため、早期発見と早期介入が重要です。


摂食障害の治療にあたっては心身両面からのアプローチが必要であり、はじめは身体の健康状況を確認するため、小児科医、内科医、婦人科などに相談。実際に摂食障害そのものの治療をおこなうのは、小児科、児童精神科、精神科、心療内科などです。

患者が治療を拒否するワケ

ですが、なかなか治療につながらない人が多いのが現状です。

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

リディラバジャーナルの他の特集
摂食障害
全8回
3-2.「太りたくない」摂食障害治療が困難なわけ