なぜアルコール依存症者は「否認」するのか | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
3
People
アルコール依存症とは
2018/8/22(水)
なぜアルコール依存症者は「否認」するのか
2018/8/22(水)
Display %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 08 16 12.31.35
no.
3
People
アルコール依存症とは
2018/8/22(水)
なぜアルコール依存症者は「否認」するのか
2018/8/22(水)
構造化特集 : アルコール依存症
構造化の視点
Icon triangle right

一定量以上の飲酒を相当期間にわたって継続するなど、自分

・・・もっと見る

一定量以上の飲酒を相当期間にわたって継続するなど、自分ではコントロール不能になってしまう病気を指すアルコール依存症。アルコール依存症を理由に、家族や仕事を失う人も多く、社会構造上の大きな問題になっています。本特集では、アルコール依存症を生み出す社会の要因、当事者の誤解と否認、回復のための支援の3つの視点から「構造化」します。

Display frame 32 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「公園や駅のベンチで朝から酒を飲んでひっくり返っているイメージでしたから、自分は絶対アルコール依存症ではないと思っていました」

 

そう語るのは、前回の記事で紹介した松本和頼さん。かつて、アルコール依存症に苦しんでいましたが、49歳の時に酒を経ち、以後16年間断酒を続けている回復者のひとりです。

 

松本さんは現在、飲酒による問題に悩む当事者や家族の回復を支援する団体「全日本断酒連盟」(東京都千代田区)の常任理事として、当事者らの支援に奔走しています。

 

これまでも紹介してきたように、取材時、多くの当事者からこうした声が聞かれました。

アルコール依存症の人について、ホームレス状態にある人や貧困状態にある人という誤ったイメージが社会に蔓延しているのです。

 

こうしたイメージが社会に広がっていることから、当事者はなかなか自分をアルコール依存症と認めることができません。

 

「仕事をしているから」

「家族がいるから」

 

誤ったイメージと自身を比較し、「自分はアルコール依存症ではない」と判断します。

そのため、アルコール依存症は「否認の病」とも呼ばれています。

 

...

構造化特集 : アルコール依存症
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
アルコール依存症とは
no.
1
Icon folder
People
当事者の実態
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
回復に向けて
no.
4
Icon folder
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
no.
7
Icon folder
People
安部コラム
no.
8
Icon folder