動物実験の是非とは?日本特有の動物観 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
動物実験:科学と倫理の狭間で
第二回

動物実験の是非とは?日本特有の動物観

「たとえば、知的能力などに関わる動物実験に用いられるのは人に近いサルなどの霊長類です。しかし、人に近いということはそれだけ人に近い配慮が必要になることでもあります。動物実験に関してどういうルールや規範、配慮が必要なのかは、実験をしている研究者だけで決められることではなく、結局はそれぞれの社会の価値観に左右されます」

 

科学哲学や動物倫理の研究を行う京都大学文学研究科の伊勢田哲治准教授がそう話す通り、この十数年で動物実験をめぐる世界的な状況は大きく変化しているが、その背景にあるのは世論だった。

 

ヨーロッパでは動物実験の廃止を訴える世論が高まり、2013年にはEU域内での化粧品の動物実験を全廃することが決定された。一方、日本では動物実験そのものへの関心が低いことから問題視されることはほとんどないのが現状だ。

 

フランスの動物福祉団体ONE VOICEによる動物実験への反対運動 ©ONE VOICE

 

こうした現状に対し、伊勢田さんは「西洋の価値観に従わなければいけないということはないけれども、国際化の進んだ現代でそれを無視することもできないでしょう」と言う。

 

しかしなぜ、ヨーロッパの国々と日本とでは、動物実験に対するスタンスがこうも違うのか。

...

動物実験
全5回
1-2.動物実験の是非とは?日本特有の動物観