子どもが受ける性被害はなぜ発覚しないのか | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
小児性犯罪:子どもを狙う“病理”の実態
第五回

子どもが受ける性被害はなぜ発覚しないのか

※本記事には、子どもに対する性暴力加害の記述があります。実態をお伝えするために生々しいエピソードもあるため、フラッシュバックやPTSD(心理外傷後ストレス障害)を懸念される方は、十分に注意しながらご覧ください。また事案が特定されないよう事実の一部を改変しています。

 

「その子は、被害に遭ってからの数カ月間、おかしくなってしまったんです。夜中に突然叫びだしたりするようになり、幼稚園にも行けなくなって……」

 

娘が性被害に遭ったことを知らなかった両親は、おかしくなってしまった原因がわからなかった。後日、娘が母親に事件のことを話したことで、被害が発覚した。

 

 

これは、性犯罪被害に詳しい上谷さくら弁護士が過去に担当した事案だ。

 

「何があったのかわからないまま子どもが壊れていく。それを間近で見て、さらに性被害に遭ったことを知らされる両親の心情は、想像を絶するものがあります」

被害を認識できないケースも

小児性犯罪における深刻な問題として、被害そのものの発覚のしづらさが挙げられる。

 

冒頭の被害者は当時、幼稚園児。加害者は近所の学生だった。両親も、加害者を「娘とよく遊んでくれる優しいお兄さん」と認識しており、まさかそのようなことになるとは思っていなかったという。

...

特集 小児性犯罪:子どもを狙う“病理”の実態 全9回
0章 はじめに
1章 子どもに対する性的関心への“目覚め”
2章 小児性犯罪、加害者側から見た実態
3章 発覚しない子どもへの性被害
4章 小児性犯罪者、加害者のその後
5章 安部コラム
リディラバジャーナルの他の特集
小児性犯罪
全9回
3-1.子どもが受ける性被害はなぜ発覚しないのか