【ソーシャルビジネスを終わらせるとき】 事業の終了、独立を決めた理由 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン

【ソーシャルビジネスを終わらせるとき】
事業の終了、独立を決めた理由

 

ソーシャルビジネスのミッションは、社会課題の解決。それを成し遂げることは、事業の終わりを意味する。自ら立ち上げたソーシャルビジネスを終わらせるとき、創業者は何を思うのか。そして、実際に終わらせる段階で直面するものとは——。

 

子どもの商業的性搾取問題解決を目指す「かものはしプロジェクト」の青木健太さん、モンゴルで孤児院の子どもたちの自立を支援する「ユイマール」の照屋朋子さん、途上国で子どもの教育支援を行う「e-Education」の税所篤快さん。3人の創業者が経験した「終わらせるとき」に、全6回の特集で迫る。

 

「カンボジアで、新たな被害者がほとんど出なくなってきた」

 

性的搾取を目的とした人身売買をなくすことを目的に、2002年からカンボジアで活動を続けてきた認定NPO法人「かものはしプロジェクト」は約10年の時を経て、ミッションとする課題の大幅な改善を同国で経験した。

 

改善後のカンボジアでのあり方について話し合う中で出た結論は、同国での事業の終了。

しかし、その結論を出した上で、3人の創業者のひとり、青木健太さんは「独立してカンボジアで事業を続ける」ことを選んだ。

 

かものはしプロジェクトの創業者のひとりで、自ら作った組織からの独立も経験した青木健太さん。


その決断の元、青木さんの立ち上げたNPO法人SALASUSU(サラスースー)は2018年4月、かものはしプロジェクトより、農村の女性たちを雇用して生活雑貨をつくる「コミュニティファクトリー」事業の譲渡を受けた。現在は、ものづくりと、働く女性たちへのライフスキルトレーニングを主軸にした教育事業を手がけている。
 

なぜ、どのようにして、青木さんはかものはしプロジェクトから独立したのか。前後編の2回にわけて、独立の経緯や青木さんの思いを紹介する。

...