「親子ともに幸せな未来を」生みの親に寄り添う支援機関の想いと葛藤 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
3
People
生みの親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
2018/2/21(水)
「親子ともに幸せな未来を」生みの親に寄り添う支援機関の想いと葛藤
2018/2/21(水)
Display img 9813
no.
3
People
生みの親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
2018/2/21(水)
「親子ともに幸せな未来を」生みの親に寄り添う支援機関の想いと葛藤
2018/2/21(水)
構造化特集 : 特別養子縁組
構造化の視点
Icon triangle right

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方

・・・もっと見る

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。

Display frame 9 min

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。

Display frame 9 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

前回までは子どもを養親(養子を家族として迎える親)に送り出した生みの親の抱える問題を扱った。第三回目の今回は、新たに日々を生きていく生みの親の視点を踏まえ、特別養子縁組支援の仕組みに迫る。

 

生みの親が子どもを送り出す際に利用することになる「養子縁組あっせん機関」とはどのような役割を果たしているのか。

 

民間あっせん機関として特別養子縁組の支援をおこなう一般社団法人ベビーライフ代表の篠塚康智さん(左)と編集長・安部。 

 

今回の取材先の一つであり、特別養子縁組の支援をおこなう一般社団法人ベビーライフ(東京都)。

 

実は編集部が取材に伺った日の前日に、以前養子縁組をした生みの母親が事務所を訪ねてきたそうだ。

 

ベビーライフ代表の篠塚康智さんは嬉しそうにこう語る。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : 特別養子縁組
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
生みの親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
施設養護から家庭養護への転換
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
no.
7
Icon folder
People
養子縁組の仲介役 行政機関・児童相談所と民間あっせん機関
no.
8
Icon folder
no.
9
Icon folder
no.
10
Icon folder
People
養親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
no.
11
Icon folder
no.
12
Icon folder
no.
13
Icon folder
no.
14
Icon folder
People
安部コラム
no.
15
Icon folder