no.
5
施設養護から家庭養護への転換
2018/2/23(金)
いま、社会的養護の転換期にある日本
2018/2/23(金)
no.
5
施設養護から家庭養護への転換
2018/2/23(金)
いま、社会的養護の転換期にある日本
2018/2/23(金)
構造化特集 : 特別養子縁組
構造化の視点

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方

・・・もっと見る

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。

子どもを欲しいと願っても産むことができない人がいる一方で、子どもを産んでも育てられない人もいます。本特集では、そうした親から生まれてきた子どもと、子どもを育てたい親を結ぶ「特別養子縁組」という制度に着目。公的機関と民間事業者の方針の違いや、児童相談所の業務体制、国民の家族観など制度を取り巻く構造を紐解きます。


「児童養護施設の問題点について、一つの事例を見せたい」

そう言ってNPO法人フローレンス(東京都)代表の駒崎弘樹さんはスマートフォンを開いた。

 

 

施設内で暴力が振るわれている様子が書かれた手紙(フローレンス駒崎さん 提供)

 

そこに映っていたのは、ある知的障害を持った女の子が里親宛てに書いた手紙だった。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 特別養子縁組
×
CONTENTS
intro
生みの親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
no.
1
no.
2
no.
3
no.
4
施設養護から家庭養護への転換
no.
5
no.
6
no.
7
養子縁組の仲介役 行政機関・児童相談所と民間あっせん機関
no.
8
no.
9
no.
10
養親の事情と養子縁組あっせん機関との関係性
no.
11
no.
12
no.
13
no.
14
安部コラム
no.
15