だれが、なぜ反ワクチン論を広めるのか? | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
ワクチン接種へのためらい:怖がる私が悪いのでしょうか?
第三回

だれが、なぜ反ワクチン論を広めるのか?

「MMRワクチンで自閉症になる」といった明らかな誤りや、過度にワクチンへの不安を煽る情報を広める人々がいる。

 

育児中の保護者の中には、結果として、SNSなどで反ワクチン情報に“出合い”、子どもへの接種をためらう保護者も出てきている。

 

こうした事態に世界保健機関(WHO)も懸念を示しており、「大気汚染と気候変動」「HIV」などと並んで「ワクチン接種へのためらい」を「2019年の世界の健康に対する10の脅威」(リンク:https://www.who.int/emergencies/ten-threats-to-global-health-in-2019)としている。

 

(WHOHPより)

「物を売りつけられそうになった」

では、誰が何のために、反ワクチン情報を拡散しているのか──。

 

第2回で、自身の出会った反ワクチン派の人を「子育ての悩みや不安に寄り添ってくれて優しい」と称した村田里香さん(仮名)。

 

しかし、反ワクチン派のグループに加わることはなかったという。

 

その理由について、村田さんは以下のように語る。

...

ワクチン接種へのためらい
全6回
2-1.だれが、なぜ反ワクチン論を広めるのか?