生徒、教員、理事会みんなが経営感覚を持って学校を変える | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン

生徒、教員、理事会みんなが経営感覚を持って学校を変える

人口減少社会において、生徒をいかに集めるか。今、学校現場でそうした経営スキルが求められている。そこで学校改革を実践し、成果を出してきた先駆者たちに、そのセオリーについて語ってもらった。

 

 

(写真左から)

  • 日野田直彦(武蔵野女子学院 学校長)

  • 石川一郎(香里ヌヴェール学院 学院長、21世紀型教育機構理事)

  • 五十棲浩二(聖光学院中学校高等学校)

  • 荒井優(札幌新陽高等学校 校長)

 

※本特集は全三回でお送りします。

第二回:学校現場の組織改革と人材マネジメント

第三回:学校経営におけるKPIと未来の学校のあり方

ハードばかりにお金を注ぎ込む経営判断が日本をダメにする

...

リディラバジャーナルの他の特集