no.
7
イメージで語られがちな生活保護の実態
2019/7/17(水)
自死する利用者も…生活保護現場における疲弊
2019/7/17(水)
no.
7
イメージで語られがちな生活保護の実態
2019/7/17(水)
自死する利用者も…生活保護現場における疲弊
2019/7/17(水)
構造化特集 : 生活保護バッシング
構造化の視点

いまや社会的に定着してしまった生活保護への偏見。それに

・・・もっと見る

いまや社会的に定着してしまった生活保護への偏見。それにより、最低限の生活基準に満たない経済状況で過ごしているにもかかわらず、生活保護の利用を敬遠する人たちがいます。本特集では、生活保護の実態と課題、そして生活保護バッシングが発生する背景を「構造化」します。

いまや社会的に定着してしまった生活保護への偏見。それにより、最低限の生活基準に満たない経済状況で過ごしているにもかかわらず、生活保護の利用を敬遠する人たちがいます。本特集では、生活保護の実態と課題、そして生活保護バッシングが発生する背景を「構造化」します。

いまや社会的に定着してしまった生活保護への偏見。それにより、最低限の生活基準に満たない経済状況で過ごしているにもかかわらず、生活保護の利用を敬遠する人たちがいます。本特集では、生活保護の実態と課題、そして生活保護バッシングが発生する背景を「構造化」します。


「生活保護のケースワーカーになったら懲役刑だ」――。

 

東京都内のある自治体職員はそう打ち明ける。

 

多くの自治体職員は生活支援課の仕事を敬遠しており、配属されてから間もなく異動希望が出されたり、配属を理由に退職を希望したりすることも珍しくない。

 

生活保護ケースワーカーとして10年以上にわたり現場を経験してきた田川英信さんは、「激務ということもありますが、それ以上に精神的な苦痛が大きい」と話す。

 

 

「ケースワーカーは人の生死にも関わる仕事です。どのように対応するかで、最悪の場合、人の死につながることもありますから」

自死してしまう生活保護利用者も

田川さん自身、過去に担当していた生活保護利用者が自死した経験がある。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 生活保護バッシング
×
CONTENTS
intro
生活保護バッシングが生む弊害
no.
1
no.
2
no.
3
イメージで語られがちな生活保護の実態
no.
4
no.
5
no.
6
no.
7
「ジャンパー事件」から2年、小田原市の改革
no.
8
no.
9
no.
10
安部コラム
no.
11