no.
7
殺処分数を減らすためには
2020/3/4(水)
人と犬猫のより良い共生社会へーー動物愛護管理法のこれから
2020/3/4(水)
no.
7
殺処分数を減らすためには
2020/3/4(水)
人と犬猫のより良い共生社会へーー動物愛護管理法のこれから
2020/3/4(水)
構造化特集 : 犬猫の殺処分
構造化の視点

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺

・・・もっと見る

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺処分問題。今回の特集では、殺処分される犬猫の「発生」と「保護」の問題に着目。余剰分の犬猫や野良犬猫を発生させてしまう飼い主やペット産業、そしてそれらの犬猫を過剰に抱え込んでしまう動物愛護センターや動物愛護団体。それぞれの課題の背景を解き明かし、殺処分問題を構造化していきます。

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺処分問題。今回の特集では、殺処分される犬猫の「発生」と「保護」の問題に着目。余剰分の犬猫や野良犬猫を発生させてしまう飼い主やペット産業、そしてそれらの犬猫を過剰に抱え込んでしまう動物愛護センターや動物愛護団体。それぞれの課題の背景を解き明かし、殺処分問題を構造化していきます。

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺処分問題。今回の特集では、殺処分される犬猫の「発生」と「保護」の問題に着目。余剰分の犬猫や野良犬猫を発生させてしまう飼い主やペット産業、そしてそれらの犬猫を過剰に抱え込んでしまう動物愛護センターや動物愛護団体。それぞれの課題の背景を解き明かし、殺処分問題を構造化していきます。


殺処分に関する規定や、飼い主の飼育責任、動物取扱業者が遵守しなければならない基準などが定められている動物愛護管理法。殺処分問題の解決はこの法律の改正によって大きく前進してきた。

 

ただ、これまでの章で見てきたとおり、飼い主の飼育放棄や動物取扱業者の遺棄・虐待、収容・保護施設の過剰な抱えこみなど、いまだ課題は山積している。

 

これらを解決するために、法整備の面で求められているのはどんなことだろうか。

法規制の効果を検証する

まず動物取扱業者の問題については、動物愛護管理法が改正されるたびに規制が強化されている。ただ、規制を強めたことを一因に新たな問題も発生している。

 

第1回で触れたとおり、2012年の動物愛護管理法改正により、自治体は動物取扱業者からの犬猫の引き取りを拒否できるようになった。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 犬猫の殺処分
×
CONTENTS
intro
ペット産業の現状と課題
no.
1
no.
2
持ち込まれる犬猫たち
no.
3
no.
4
「殺処分ゼロ」という目標の成果と弊害
no.
5
no.
6
殺処分数を減らすためには
no.
7
安部コラム
no.
8