no.
6
介護施設職員の疲弊
2020/3/30(月)
元施設職員が明かす高齢者虐待の内部告発
2020/3/30(月)
no.
6
介護施設職員の疲弊
2020/3/30(月)
元施設職員が明かす高齢者虐待の内部告発
2020/3/30(月)
構造化特集 : 高齢者虐待
構造化の視点

いま、

・・・もっと見る

いま、急速に高齢化が進むなかで、高齢者虐待の件数も増加している。「加害者」の多くは、介護者家族だ。しかし「加害者」とされる介護者もまた困難に直面している。本特集では「被介護者」「介護者家族」「介護施設職員」それぞれが抱える課題と、「介入・支援する人」の課題に着目。高齢者虐待が引き起こされる要因を探っていく。

いま、急速に高齢化が進むなかで、高齢者虐待の件数も増加している。「加害者」の多くは、介護者家族だ。しかし「加害者」とされる介護者もまた困難に直面している。本特集では「被介護者」「介護者家族」「介護施設職員」それぞれが抱える課題と、「介入・支援する人」の課題に着目。高齢者虐待が引き起こされる要因を探っていく。

いま、急速に高齢化が進むなかで、高齢者虐待の件数も増加している。「加害者」の多くは、介護者家族だ。しかし「加害者」とされる介護者もまた困難に直面している。本特集では「被介護者」「介護者家族」「介護施設職員」それぞれが抱える課題と、「介入・支援する人」の課題に着目。高齢者虐待が引き起こされる要因を探っていく。


「行政に一度、入居者家族に一度、これまで二度の内部告発をした経験があります」

 

こう明かすのは、介護施設での虐待を目撃し、内部告発した経験をもつ元・介護施設職員の鈴木邦弘さん。鈴木さんは2005年から約12年間、高齢者介護に携わってきた。

 

そのなかで目にしてきた施設職員による高齢者虐待の実情、そして内部告発の経緯について聞いた。

虐待を報告し、解雇通知を突きつけられる

――はじめて内部告発したときの詳しい状況について教えてください。

 

最初に虐待を発見したのは、4年ほど前に有料老人ホームにいたときでした。入居者は40名ほどで、要介護度がそこまで高くない「要支援1」の方から「要介護5」の寝たきりの方までいろんな方がいました。

 

そのなかで何人かの入居者から、職員のSさんが怖いという話を聞いていました。ナースコールを押しても来ないとか、来ても「こんなことで呼ぶな」「トイレくらい自分で行け」という暴言があったそうです。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 高齢者虐待
×
CONTENTS
intro
介護者家族
no.
1
no.
2
被介護者
no.
3
高齢者虐待防止の支援者
no.
4
no.
5
介護施設職員の疲弊
no.
6
no.
7
no.
8
安部コラム
no.
9