no.
8
介護施設職員の疲弊
2020/4/1(水)
虐待対応の成否をわける日常の“人間関係”
2020/4/1(水)
no.
8
介護施設職員の疲弊
2020/4/1(水)
虐待対応の成否をわける日常の“人間関係”
2020/4/1(水)
構造化特集 : 高齢者虐待
構造化の視点

いま、

・・・もっと見る

いま、急速に高齢化が進むなかで、高齢者虐待の件数も増加している。「加害者」の多くは、介護者家族だ。しかし「加害者」とされる介護者もまた困難に直面している。本特集では「被介護者」「介護者家族」「介護施設職員」それぞれが抱える課題と、「介入・支援する人」の課題に着目。高齢者虐待が引き起こされる要因を探っていく。

いま、急速に高齢化が進むなかで、高齢者虐待の件数も増加している。「加害者」の多くは、介護者家族だ。しかし「加害者」とされる介護者もまた困難に直面している。本特集では「被介護者」「介護者家族」「介護施設職員」それぞれが抱える課題と、「介入・支援する人」の課題に着目。高齢者虐待が引き起こされる要因を探っていく。

いま、急速に高齢化が進むなかで、高齢者虐待の件数も増加している。「加害者」の多くは、介護者家族だ。しかし「加害者」とされる介護者もまた困難に直面している。本特集では「被介護者」「介護者家族」「介護施設職員」それぞれが抱える課題と、「介入・支援する人」の課題に着目。高齢者虐待が引き起こされる要因を探っていく。


「虐待対応がうまくいくかどうかは、関係機関の日頃の関係性に依るところが大きいです」

 

こう話すのは、千葉県香取郡多古町の地域包括支援センターで社会福祉士として働く平野香さん。

 

年間1万7000件以上起きている高齢者に対する虐待。これまでなぜ虐待が起きてしまうのか、その背景についてみてきた。そこで今回は、高齢者虐待が起きてしまった際の対応における課題を明らかにしていく。

行政が動いてくれないケースも…虐待対応における温度差

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 高齢者虐待
×
CONTENTS
intro
介護者家族
no.
1
no.
2
被介護者
no.
3
高齢者虐待防止の支援者
no.
4
no.
5
介護施設職員の疲弊
no.
6
no.
7
no.
8
安部コラム
no.
9